電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-03-03 10:10
情報拡散のための可搬型ストレージ通信
井上 碧宮木航佑小林亜樹工学院大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 大規模災害時などの通信インフラ損壊時にも通信を維持する枠組みとしてDTNを用いた情報システムが提案されている.
本稿では,被災直後を想定して,通信リンクに可搬ストレージを用い,避難所などを拠点に通信ノードを自律的に立ち上げ,ノード間での情報共有を図るために,情報を拡散することを目的とする情報拡散型災害時情報システムを提案する.
また,目的である情報拡散を効率的に実現する優先転送方式も提案する.
本方式では,情報の拡散度を自律分散的に観測した値に基づき優先度を設定するなどし,限られた通信資源を効率的に利用することを目的とする.
一定の通信資源量の下での情報拡散の度合いをシミュレーションによる評価し,本方式の有効性を確認した. 
(英) There are some information systems has been proposed using the DTN architecture.
Because under large-scale disaster, communication infrastructure will be breakdown.
The DTN also works such a severe situation.
In this paper, we have proposed information diffusion system using DTN that links are portable storages.
The purpose is to share information for the people in many evacuation centers as hubs.
In the post-disaster period, each network node is initiated autonomously on each hub, in our system.
We also propose priority forwarding method for effective information diffusion.
The purpose of our method is to use the limited communication resources efficiently.
The priority is based on information diffusion ratio that observed by each node autonomously.
We have confirmed the effectiveness of our method on a simulation about whole information diffusion ratio in the system under a limited communication resources.
キーワード (和) DTN / ストレージ運搬型通信 / 災害時情報共有システム / / / / /  
(英) DTN / communication by conveying storages / information sharing system duriing disasters / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 483, NS2015-183, pp. 89-94, 2016年3月.
資料番号 NS2015-183 
発行日 2016-02-25 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2016-03-03 - 2016-03-04 
開催地(和) フェニックス・シーガイア・リゾート(宮崎) 
開催地(英) Phoenix Seagaia Resort 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2016-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 情報拡散のための可搬型ストレージ通信 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Communications system by portable storage for information diffusion. 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) DTN / DTN  
キーワード(2)(和/英) ストレージ運搬型通信 / communication by conveying storages  
キーワード(3)(和/英) 災害時情報共有システム / information sharing system duriing disasters  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 井上 碧 / Aoi Inoue / イノウエ アオイ
第1著者 所属(和/英) 工学院大学 (略称: 工学院大)
Kogakuin University (略称: Kogakuin Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮木 航佑 / Kousuke Miyaki / ミヤキ コウスケ
第2著者 所属(和/英) 工学院大学 (略称: 工学院大)
Kogakuin University (略称: Kogakuin Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小林 亜樹 / Aki Kobayashi /
第3著者 所属(和/英) 工学院大学 (略称: 工学院大)
Kogakuin University (略称: Kogakuin Univ)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-03-03 10:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2015-183 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.483 
ページ範囲 pp.89-94 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2016-02-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会