電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-03-03 12:40
自律学習能力を有する悪性スパムメール検出システム
小坂翔吾北園 淳小澤誠一神戸大)・班 涛中里純二NICT)・島村隼平クルウィット
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年,悪性なWebページに受信者を誘導するスパムメールによる被害が深刻化している.本研究では,それらの悪性なスパムメールの検出を行う自律学習型のシステムを
提案する.提案システムでは,メール本文のテキストをtf- idf重みを用いて特徴ベクトルに変換し,機械学習手法を用いて識別を行う.また,時間経過に伴うスパムメールの内容変化に対応するため,外れ値検知をone-class SVMを用いて行い,識別器のオンライン学習を行う.実験では,NICTのダブルバウンスメール収集システムによって集められた120日間のスパムメールを用いて評価を行う.提案システムによって,F値の平均が$97.25%$という高い性能で,悪性スパムメールを検出可能であることを示す. 
(英) Recently, damages caused by spam mails that guide receivers to malicious
web pages become more and more serious. In this study, we propose an
autonomous learning system to detect such malicious spam mails. In the
proposed system, the main body of a mail is transformed into a feature
vector based on the tf-idf weight, and the feature vector is classified
by machine learning classifiers. In addition, to keep up with the trend
of mail-body contents, we adopt one-class SVM to detect outliers, and
continuously update the classifiers. In the experiments, we use
double-bounce mails collected by NICT for 120 days. We demonstrate that
the proposed system can detect malicious spam mails with a high
F-measure of $97.25%$ on average.
キーワード (和) 機械学習 / SVM / スパムメール / 自律学習 / / / /  
(英) machine learning / support vector machine / spam mail / autonomous learning / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 488, ICSS2015-50, pp. 19-24, 2016年3月.
資料番号 ICSS2015-50 
発行日 2016-02-25 (ICSS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ICSS IPSJ-SPT  
開催期間 2016-03-03 - 2016-03-04 
開催地(和) 京都大学 学術情報メディアセンター 南館 
開催地(英) Academic Center for Computing and Media Studies, Kyoto University 
テーマ(和) 情報通信システムセキュリティ、一般 
テーマ(英) Information and Communication System Security, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICSS 
会議コード 2016-03-ICSS-SPT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 自律学習能力を有する悪性スパムメール検出システム 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Malicious-Spam-Mail Detection System with Autonomous Learning Ability 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 機械学習 / machine learning  
キーワード(2)(和/英) SVM / support vector machine  
キーワード(3)(和/英) スパムメール / spam mail  
キーワード(4)(和/英) 自律学習 / autonomous learning  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小坂 翔吾 / Shogo Osaka / オサカ ショウゴ
第1著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 北園 淳 / Jun Kitazono / キタゾノ ジュン
第2著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小澤 誠一 / Seiichi Ozawa / オザワ セイイチ
第3著者 所属(和/英) 神戸大学 (略称: 神戸大)
Kobe University (略称: Kobe Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 班 涛 / Tao Ban / バン タオ
第4著者 所属(和/英) 国立研究開発法人情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 中里 純二 / Junji Nakazato / ナカザト ジュンジ
第5著者 所属(和/英) 国立研究開発法人情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 島村 隼平 / Jumpei Shimamura / シマムラ ジュンペイ
第6著者 所属(和/英) 株式会社クルウィット (略称: クルウィット)
clwit Inc. (略称: clwit)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-03-03 12:40:00 
発表時間 30 
申込先研究会 ICSS 
資料番号 IEICE-ICSS2015-50 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.488 
ページ範囲 pp.19-24 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ICSS-2016-02-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会