電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-03-03 11:40
複合計測に基づくアプリケーションレベルでのTCPスループット計測法
甲斐夏季吉田裕志二瓶浩一NEC
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) TCPスループットを計測する場合,大容量のデータをバースト的に送信/受信し,データサイズを送信/受信に要した時間で割ることで算出される.しかしながら,例えばライブ映像配信のように,分割されたデータを間欠的に送信する場合,端末のアプリケーションレベルからは実際に送信に要した時間が観測できないため,TCPスループット計測誤差が大きくなるといった課題がある.これに対してネットワークに対してプローブパケットを流し,再送発生率,平均パケット往復遅延時間,パケットロス率などに基づいてTCPスループットを理論的に算出する手法が提案されてきた.本論文では,アプリケーションレベルから観測できる情報に基づいてTCPスループットの変動範囲を限定することで計測精度を向上する手法を提案する.評価実験の結果,モバイルネットワーク環境において従来手法と比較して高精度にTCPスループットを計測可能であることを確認した. 
(英) When we calculate the TCP throughput, vast data is transferred from the sender to the receiver and the TCP throughput is calculated by using the data size and the tranfering time. However, in case that the divided data is intermittently transferred such as live video streaming, the calculated TCP throughput has an error because the actual transferring time is unobservable on the application layer. To solve this problem, the method that calculates the TCP throughput theoretical by using network information such as RTT or packet loss rate is proposed. Our proposed method calculates the TCP throughput by estimating the existing range of the true TCP throughput on the basis of application-level observable network information. An evaluation experiment showed that our proposed method achieved a higher accuracy compared with a conventional method on a commercial LTE network.
キーワード (和) TCPスループット / 適応配信 / ライブストリーミング / モバイルネットワーク / / / /  
(英) TCP Throughput / Adaptive Rate Control / Mobile Network / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 483, NS2015-195, pp. 157-161, 2016年3月.
資料番号 NS2015-195 
発行日 2016-02-25 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2016-03-03 - 2016-03-04 
開催地(和) フェニックス・シーガイア・リゾート(宮崎) 
開催地(英) Phoenix Seagaia Resort 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2016-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 複合計測に基づくアプリケーションレベルでのTCPスループット計測法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) An application-level estimation for TCP throughput based on compound measurement 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) TCPスループット / TCP Throughput  
キーワード(2)(和/英) 適応配信 / Adaptive Rate Control  
キーワード(3)(和/英) ライブストリーミング / Mobile Network  
キーワード(4)(和/英) モバイルネットワーク /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 甲斐 夏季 / Kai Natsuki / カイ ナツキ
第1著者 所属(和/英) 日本電気株式会社 (略称: NEC)
NEC Corporation (略称: NEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 裕志 / Yoshida Hiroshi / ヨシダ ヒロシ
第2著者 所属(和/英) 日本電気株式会社 (略称: NEC)
NEC Corporation (略称: NEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 二瓶 浩一 / Nihei Koichi / ニヘイ コウイチ
第3著者 所属(和/英) 日本電気株式会社 (略称: NEC)
NEC Corporation (略称: NEC)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-03-03 11:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2015-195 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.483 
ページ範囲 pp.157-161 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-NS-2016-02-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会