電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-03-03 10:10
Hop by Hopファイル配送方式のネットワーク環境における有効性
米川直孝山岡克式東工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 単位サイズあたりの人気度の降順に従いファイル型コンテンツの逐次配送を行うHBH配送方式は,1リンクモデル下で,平均サービス時間を低減することが示されている.しかし,隣接ノードに必ずしも目的ファイルが存在しない,複数のノードからリクエストが同時に発生する,それぞれのリンクで混雑度が異なる,といった問題が存在するネットワーク環境における,HBH配送方式の有効性は不明である.そこで,ネットワーク環境において,様々なネットワーク規模や混雑度を想定したシミュレーションを行い,比較手法であるFIFOやSRPTと比較した場合の平均サービス時間低減効果を示した. 
(英) In the HBH file delivery scheduling, files are sequentially delivered in descending order of the popularity per file size. HBH file delivery scheduling reduces the service latency per request in one link model. However, there are some problems in the network model. For example, the requested file is not always stored in the neighbor node, requests of the file arrive from different nodes at the same time, and each link is congested with different degree. The effectiveness in the HBH file delivery system on such networks has not been studied. In this study, we assume various network scales and congestion degrees, and we compare the service latency per request by using computer simulation. The result of the computer simulation shows the service latency per request reduction effect of HBH file delivery scheduling.
キーワード (和) CCN / ファイル型コンテンツ / スケジューリング / HBH配送方式 / 平均サービス時間 / / /  
(英) CCN / File / Scheduling / HBH Delivery System / The Service Latency per Request / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 484, IN2015-115, pp. 43-48, 2016年3月.
資料番号 IN2015-115 
発行日 2016-02-25 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2016-03-03 - 2016-03-04 
開催地(和) フェニックス・シーガイア・リゾート(宮崎) 
開催地(英) Phoenix Seagaia Resort 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2016-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Hop by Hopファイル配送方式のネットワーク環境における有効性 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) The Effectiveness in a Hop by Hop File Delivery System on a Network 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) CCN / CCN  
キーワード(2)(和/英) ファイル型コンテンツ / File  
キーワード(3)(和/英) スケジューリング / Scheduling  
キーワード(4)(和/英) HBH配送方式 / HBH Delivery System  
キーワード(5)(和/英) 平均サービス時間 / The Service Latency per Request  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 米川 直孝 / Naotaka Yonekawa / ヨネカワ ナオタカ
第1著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山岡 克式 / Katsunori Yamaoka / ヤマオカ カツノリ
第2著者 所属(和/英) 東京工業大学 (略称: 東工大)
Tokyo Institute of Technology (略称: Tokyo Tech)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-03-03 10:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2015-115 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.484 
ページ範囲 pp.43-48 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2016-02-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会