電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-03-03 09:10
FELIX日欧連携基盤におけるIaaSマイグレーション実証実験
竹房あつ子芳賀 ジェイソン 英世高野了成岡崎史裕柳田誠也産総研)・工藤知宏東大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) BCP(事業継続計画)はITサービスの重要課題の一つであり,クラウドサービ
ス全体を遠隔データセンターにマイグレーションする技術が重要となる.
FELIXプロジェクトでは,異なるデータセンター(SDNアイランド)間を連携さ
せたテストベッドを構築しており,NSI接続サービスまたはGREトンネルにより
動的にSDNアイランド間を接続したテストベッド上にスライスを構築することができる.
本研究では,FELIXテストベッド上でクラウドサービスの一形態であるIaaSの
マイグレーションを実証する.
実験では,低遅延SDNドメイン間では高速にIaaSマイグレーションが行えること,
日欧間のような高遅延環境でも通信の最適化により10分以内にマイグレーショ
ンが行えることを示す. 
(英) It is an important technology that Cloud services are migrated to a
remote data center in order to achieve Business Continuity Plan (BCP)
for IT services.
The FELIX project has been developing a testbed federating distributed
multiple data centers, called SDN islands.
FELIX applies NSI and GRE for transit network connected between
different SDN islands.
In this study, we perform IaaS migration over the EU-Japan FELIX
federated testbed and NSI-enabled network.
The experimental results show that IaaS migration in a low latency
environment performs high-speed migration,
while communication optimization achieves 10-minute IaaS migration in
a high latency environment.
キーワード (和) SDN / 連携テストベッド / 資源管理 / NSI / IaaSマイグレーション / 実証実験 / /  
(英) SDN / Federated testbed / Resource management / NSI / IaaS migration / Demonstration / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 483, NS2015-176, pp. 47-52, 2016年3月.
資料番号 NS2015-176 
発行日 2016-02-25 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2016-03-03 - 2016-03-04 
開催地(和) フェニックス・シーガイア・リゾート(宮崎) 
開催地(英) Phoenix Seagaia Resort 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2016-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) FELIX日欧連携基盤におけるIaaSマイグレーション実証実験 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Demonstration of IaaS Migration over the FELIX EU and Japan Federated Testbed 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) SDN / SDN  
キーワード(2)(和/英) 連携テストベッド / Federated testbed  
キーワード(3)(和/英) 資源管理 / Resource management  
キーワード(4)(和/英) NSI / NSI  
キーワード(5)(和/英) IaaSマイグレーション / IaaS migration  
キーワード(6)(和/英) 実証実験 / Demonstration  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹房 あつ子 / Atsuko Takefusa / タケフサ アツコ
第1著者 所属(和/英) 国立研究開発法人産業技術総合研究所 (略称: 産総研)
National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (AIST) (略称: AIST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 芳賀 ジェイソン 英世 / Jason Hideyo Haga / ハガ ジェイソン ヒデヨ
第2著者 所属(和/英) 国立研究開発法人産業技術総合研究所 (略称: 産総研)
National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (AIST) (略称: AIST)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 高野 了成 / Ryousei Takano / タカノ リョウセイ
第3著者 所属(和/英) 国立研究開発法人産業技術総合研究所 (略称: 産総研)
National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (AIST) (略称: AIST)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡崎 史裕 / Fumihiro Okazaki / フミヒロ オカザキ
第4著者 所属(和/英) 国立研究開発法人産業技術総合研究所 (略称: 産総研)
National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (AIST) (略称: AIST)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 柳田 誠也 / Seiya Yanagita / ヤナギタ セイヤ
第5著者 所属(和/英) 国立研究開発法人産業技術総合研究所 (略称: 産総研)
National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (AIST) (略称: AIST)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 工藤 知宏 / Tomohiro Kudoh / クドウ トモヒロ
第6著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: UTokyo)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-03-03 09:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2015-176 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.483 
ページ範囲 pp.47-52 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2016-02-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会