電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-03-03 11:00
IDベースアグリゲート署名による分散型Pub/Subシステムの応答特性評価
大山真司須永崇章高木 雅川原圭博浅見 徹東大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) インターネットのSNSは中央サーバで集中管理されているが,これを災害時にも利用できるように分散型に拡張する手法として,NDNを用いたIDベースアグリゲート署名(IBAS)によるModerator経由のPub/Subシステムが提案されている.このSNSが災害時の安否確認システムとして機能するには,普段からSNSとして使われるだけのユーザの要求を満たしている必要があるが,同一マシン上での処理速度が提示されたのみで,ネットワーク上でのパケット転送遅延を含めてのユーザエクスペリエンスからの評価は未だなされていない.そこで本稿では,当該システムの応答特性をユーザーエクスペリエンスの観点から評価した.その結果,Intel(R) Core(TM)2 Duo CPU T9600 @ 2.80GHzの端末で構成した場合,動画のストリーミング再生であれば1.5Mbps以下ならユーザの満足を確保できることが確認された. 
(英) Most of the SNS services are managed by their central servers.
For an availability of SNS service in a disaster area, a distributed SNS using NDN and ID-based aggregate signatures (IBAS) is proposed. It is a Pub/Sub system via a rendezvous point (RP) called a moderator.For this system to serve as a safety confirmation system at a disaster, it must be used as SNS on a daily basis.However no evaluations are reported on the user experience and the packet transfer latency over a real network environment.This paper presents the reactiveness of this system from the point of user experience and shows it achieves video streaming services of 1.5Mbps end-to-end throughtput by terminals with Intel(R) Core(TM)2 Duo CPU T9600 @ 2.80GHz.
キーワード (和) named data networking (NDN) / IDベースアグリゲート署名 (IBAS) / ユーザエクスペリエンス / / / / /  
(英) named data networking (NDN) / identity-based aggregate signatures (IBAS) / user experience / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 484, IN2015-121, pp. 77-82, 2016年3月.
資料番号 IN2015-121 
発行日 2016-02-25 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2016-03-03 - 2016-03-04 
開催地(和) フェニックス・シーガイア・リゾート(宮崎) 
開催地(英) Phoenix Seagaia Resort 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2016-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) IDベースアグリゲート署名による分散型Pub/Subシステムの応答特性評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) System Response Evaluation of Distributed SNS based on ID-Based Aggregate Signatures 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) named data networking (NDN) / named data networking (NDN)  
キーワード(2)(和/英) IDベースアグリゲート署名 (IBAS) / identity-based aggregate signatures (IBAS)  
キーワード(3)(和/英) ユーザエクスペリエンス / user experience  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大山 真司 / Shinji Oyama / オオヤマ シンジ
第1著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: UTokyo)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 須永 崇章 / Takaaki Sunaga / スナガ タカアキ
第2著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: UTokyo)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 高木 雅 / Masaru Takagi / タカギ マサル
第3著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: UTokyo)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 川原 圭博 / Yoshihiro Kawahara / カワハラ ヨシヒロ
第4著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: UTokyo)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 浅見 徹 / Tohru Asami / アサミ トオル
第5著者 所属(和/英) 東京大学 (略称: 東大)
The University of Tokyo (略称: UTokyo)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-03-03 11:00:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2015-121 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.484 
ページ範囲 pp.77-82 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2016-02-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会