お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-03-03 16:40
ライフストーリーワーク・自己情報・アイデンティティ ~ 出生情報は児童のアイデンティティにどう関係するか ~
壁谷彰慶千葉大SITE2015-66 IA2015-98
抄録 (和) ライフストーリーワークは、表面的には、児童の出生情報に関するやりとり(提示と受け入れ)と見なしうる。そこで、このワークの一連の過程を自己情報コントロールの一種として捉え、それが児童のアイデンティティを改善する仕組みの分析を試みる。方法として、「情報カテゴリー」という観点に依拠し、児童があらかじめもつ自己情報のあり方と、それに対して出生情報更新が与える影響とに注目し、このワークの帰結とそこで得られる成果を類別する。最後に、出生情報が児童にとってもつ重要性について示唆を与える。 
(英) "Life story work" is prima facie a kind of exchange (give and receive) of children's birth information, therefore the way this work improves children's identity can be thought as a control of their self-information. Then, using the concept "information category", I consider what their existing self-information is and how revision of birth information affects it, whence I classify the results this work offers according to the possibilities it leads. Finally, I give an explanation on how birth information is significant for children.
キーワード (和) アイデンティティ / 自己情報 / プライバシー / 情報倫理 / ライフストーリーワーク / 子ども / 出生情報 /  
(英) Identity / Self-information / Privacy / Information ethics / Life story work / Children / Birth information /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 481, SITE2015-66, pp. 133-138, 2016年3月.
資料番号 SITE2015-66 
発行日 2016-02-25 (SITE, IA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SITE2015-66 IA2015-98

研究会情報
研究会 IA SITE IPSJ-IOT  
開催期間 2016-03-03 - 2016-03-04 
開催地(和) 虹の松原ホテル (佐賀県唐津市) 
開催地(英) Nijino-Matsubara Hotel (Karatsu-shi, Saga-prefecture) 
テーマ(和) インターネットと情報倫理教育、一般 
テーマ(英) Internet and Information Ethics Education, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SITE 
会議コード 2016-03-IA-SITE-IOT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ライフストーリーワーク・自己情報・アイデンティティ 
サブタイトル(和) 出生情報は児童のアイデンティティにどう関係するか 
タイトル(英) Life Story Work, Self-Information, and Identity 
サブタイトル(英) How birth information presentation works on children's identity 
キーワード(1)(和/英) アイデンティティ / Identity  
キーワード(2)(和/英) 自己情報 / Self-information  
キーワード(3)(和/英) プライバシー / Privacy  
キーワード(4)(和/英) 情報倫理 / Information ethics  
キーワード(5)(和/英) ライフストーリーワーク / Life story work  
キーワード(6)(和/英) 子ども / Children  
キーワード(7)(和/英) 出生情報 / Birth information  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 壁谷 彰慶 / Akiyoshi Kabeya / カベヤ アキヨシ
第1著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-03-03 16:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SITE 
資料番号 IEICE-SITE2015-66,IEICE-IA2015-98 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.481(SITE), no.482(IA) 
ページ範囲 pp.133-138 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SITE-2016-02-25,IEICE-IA-2016-02-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会