電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-03-03 09:50
アドホックネットワークにおける並列転送に適したコンテンションウィンドウ制御方式の提案
大宮 陸村瀬 勉名大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) アドホックネットワークの普及が始まると,現在の無線LAN環境と同様にノードが近距離にひしめき,干渉の影響が強く現れる可能性が高い.無線LANにおいては,キャプチャエフェクトを上手く用いて,スループットを向上させる制御方式が提案されている.しかし,アドホックネットワークは無線LANとは異なるネットワーク特性を持つと考えられるため,無線LANにおける制御方式をそのままアドホックネットワークに適用するのは,最適な制御にならない可能性がある.本研究では,アドホックネットワークに適するより積極的にコリジョンを誘発するコンテンションウィンドウ制御方式を提案し,並列転送を行う際のスループットを改善できる事を示す 
(英) When ad hoc networks become popular, radio interference in ad hoc networks due to collision causes the same problems on quality of services as in the wireless LANs which also has been densely deployed. Previous researches employed a control method for improving throughput for wireless LAN using capture effect in the case of parallel transfer. Ad hoc networks, however, are considered to have a different network characteristics from wireless LANs. Instead of applying the control method to ad hoc network as it is, we propose and apply a new control method, which is modified from the previous control method. The proposed method shows good performance in a parallel ad hoc network model with effective parallel transfer.
キーワード (和) アドホックネットワーク / 干渉 / キャプチャエフェクト / 並列転送 / スループット / / /  
(英) Ad-Hoc Network / Interference / Capture Effect / Parallel Transfer / Throughput / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 484, IN2015-110, pp. 13-18, 2016年3月.
資料番号 IN2015-110 
発行日 2016-02-25 (IN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2016-03-03 - 2016-03-04 
開催地(和) フェニックス・シーガイア・リゾート(宮崎) 
開催地(英) Phoenix Seagaia Resort 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IN 
会議コード 2016-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) アドホックネットワークにおける並列転送に適したコンテンションウィンドウ制御方式の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Contention Window Control Scheme for Parallel Transfer in Ad-Hoc Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) アドホックネットワーク / Ad-Hoc Network  
キーワード(2)(和/英) 干渉 / Interference  
キーワード(3)(和/英) キャプチャエフェクト / Capture Effect  
キーワード(4)(和/英) 並列転送 / Parallel Transfer  
キーワード(5)(和/英) スループット / Throughput  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大宮 陸 / Riku Ohmiya / オオミヤ リク
第1著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 村瀬 勉 / Tutomu Murase /
第2著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-03-03 09:50:00 
発表時間 20 
申込先研究会 IN 
資料番号 IEICE-IN2015-110 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.484 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-IN-2016-02-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会