電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-03-03 10:10
Multi-interface D2D RelayingによるWLANスループット向上手法の検討
山田晋也塚本和也九工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 近年,公共施設での無線LAN設置の一般化や,無線LANインターフェースが移動端末に標準的に搭載された結果,無線LAN環境の稠密化が進んでいる.無線LANではアクセスポイント(AP)とユーザ端末(STA)の電波状況に応じて最適な伝送レートが選択される.一方で,無線LANのアクセス方式であるCarrier Sense Multiple Access/Collision Avoidance(CSMA/CA)では,各STAに平等に通信機会が与えられる.そのため,低伝送レートで通信を行うSTAが存在するWireless LAN(WLAN)環境では,全体のスループット性能が大きく低下するPerformance Anomaly問題が発生する.特に稠密無線LAN環境では異なる伝送レートで通信するSTAが多数混在することが想定されるため,この問題が深刻化すると考えられる.そこで本研究では,この問題を改善するために,APと低伝送レートで通信を行うSTAの間に位置する,複数のWLANインターフェースを持つSTAがデータ中継を行うDevice-to-Device Relayingを提案する.シミュレーションを用いた基礎調査を行い,提案手法によりWLANスループットを向上できることを示した. 
(英) Recently,many Wireless LAN access points (APs) are widely deployed in public spaces such as station and park and Wireless LAN interface is commonly installed in handheld station (STA) such as smart phone.Therefore,ultra dense WLAN environment will be likely to appear in the near future.Although CSMA/CA as MAC protocol for WLAN provides the access right equally among all belonging STAs, their data rates are different each other in response to the radio condition (e.g., frame collision and transmission distance).In particular,coexistence of different data rates under the same AP will inevitably occur in the ultra dense WLAN environment and thereby we suffer drastic decrease in the throughput performance due to the performance anomaly problem.In this paper,we propose a Device-to-Device Relaying scheme to solve the performance anomaly problem.In the scheme,an intermediate STA which has multiple WLAN interfaces relays data packets between the AP and the destination STA.Through simulation experiment,we show that the proposed D2D Relaying can improve WLAN throughput performance remarkably.
キーワード (和) IEEE 802.11 / Performance Anomaly問題 / / / / / /  
(英) IEEE 802.11 / Performance Anomaly問題 / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 483, NS2015-179, pp. 65-70, 2016年3月.
資料番号 NS2015-179 
発行日 2016-02-25 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2016-03-03 - 2016-03-04 
開催地(和) フェニックス・シーガイア・リゾート(宮崎) 
開催地(英) Phoenix Seagaia Resort 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2016-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Multi-interface D2D RelayingによるWLANスループット向上手法の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Multi-interface D2D Relaying for increasing WLAN throughput performance 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) IEEE 802.11 / IEEE 802.11  
キーワード(2)(和/英) Performance Anomaly問題 / Performance Anomaly問題  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山田 晋也 / Shinya Yamada / ヤマダ シンヤ
第1著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: KIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 塚本 和也 / Kazuya Tsukamoto / ツカモト カズヤ
第2著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: KIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-03-03 10:10:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2015-179 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.483 
ページ範囲 pp.65-70 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2016-02-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会