電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-03-03 10:40
無線センサネットワークにおけるマルチパス構築メッセージ数削減手法
熊谷正憲見越大樹西園敏弘竹中豊文日大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 無線センサネットワーク(WSN) では様々な外的要因によりノードの故障が発生することが想定される.このため,耐故障性の高い通信が必要であり,現用と予備の経路を構築するマルチパス手法が提案されている.従来手法では,複数回のフラッディングにより経路構築メッセージを交換することで,マルチパスの構築を可能としている.しかし,このフラッディングにより,ネットワークへの負荷が増大する問題がある.この問題に対して,経路構築時のフラッディングを1回に抑制することでネットワーク負荷の軽減を図る手法を提案する.さらに,ノード故障時のデータ到達率を維持するために,予備経路を保持しないノードは,ノード故障の検出時に迂回ノードを探索する手法を提案する.従来方式と提案方式においてネットワーク負荷とデータ到達率の観点でシミュレーション評価を行い,提案方式の有効性を示す. 
(英) In the WSNs (Wireless Sensor Networks), the failure of nodes is assumed to be caused by various external factors. Therefore, the WSNs are necessary to attain highly fault-tolerant communications using multi-paths. The conventional method constructs multi-paths by exchanging routing configuration messages using flooding and constructing a multi-path. However, since the conventional method uses flooding to construct multi-paths, the network load increases. We propose a novel method for achieving a reduction of network load by suppressing the flooding for route construction. Furthermore, in order to improve the data reachability during nodes failure, nodes search a detour node if nodes don't have secondary path. We evaluate the conventional method and the proposed method from the viewpoint of the network load and the date reachability, and we show the effectiveness of the proposed method.
キーワード (和) 無線センサネットワーク / マルチパスルーチング / 信頼性 / / / / /  
(英) Wireless Sensor Network / Multi-Path Routing / Reliability / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 483, NS2015-196, pp. 163-166, 2016年3月.
資料番号 NS2015-196 
発行日 2016-02-25 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NS IN  
開催期間 2016-03-03 - 2016-03-04 
開催地(和) フェニックス・シーガイア・リゾート(宮崎) 
開催地(英) Phoenix Seagaia Resort 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英) General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2016-03-NS-IN 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 無線センサネットワークにおけるマルチパス構築メッセージ数削減手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Reduction Method for Multi-Path Construction Message in Wireless Sensor Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無線センサネットワーク / Wireless Sensor Network  
キーワード(2)(和/英) マルチパスルーチング / Multi-Path Routing  
キーワード(3)(和/英) 信頼性 / Reliability  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 熊谷 正憲 / Masanori Kumagai / クマガイ マサノリ
第1著者 所属(和/英) 日本大学 (略称: 日大)
Nihon University (略称: Nihon Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 見越 大樹 / Taiju Mikoshi / ミコシ タイジュ
第2著者 所属(和/英) 日本大学 (略称: 日大)
Nihon University (略称: Nihon Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 西園 敏弘 / Toshihiro Nishizono / ニシゾノ トシヒロ
第3著者 所属(和/英) 日本大学 (略称: 日大)
Nihon University (略称: Nihon Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 竹中 豊文 / Toyofumi Takenaka / タケナカ トヨフミ
第4著者 所属(和/英) 日本大学 (略称: 日大)
Nihon University (略称: Nihon Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-03-03 10:40:00 
発表時間 20 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2015-196 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.483 
ページ範囲 pp.163-166 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-NS-2016-02-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会