電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-03-03 10:40
ペルソナ分析に基づくコンテンツ間距離と多次元尺度法を用いたWebサイト制作手法
笠谷昌弘・○芝本雅史井田明男金田重郎同志社大KBSE2015-50
抄録 (和) Webサイト制作では,ユーザー要求に合致する様に,カテゴリ毎に公開予定コンテンツをグループ化したり,コンテンツ間のリンクを設計する必要がある.特に近年,ユーザー要求分析のために,ペルソナ分析が用いられる様になってきた.しかし,ペルソナ分析の成果物を,どの様にWebサイト構造に結び付けるかの方法論は確立しておらず,設計者の直感に依存している.この問題を解決するため,本稿では,1)ペルソナがコンテンツから受ける興味の変化や知識の変化を分析して,コンテンツ間のリンクを設定し,2)ペルソナ分析から導かれたコンテンツ間の距離に基づいて,多次元尺度法により,コンテンツをグループ化する,手法を提案する.提案手法の適用は1サイクルでは終了しない.何度も繰り返して,ペルソナ分析を深化させる.提案手法でWebサイトのプロトタイプを制作して,評価実験を行った.その結果,Webサイトの妥当性について,利用者から高い評価を得た. 
(英) In the process of Web-site creation, the designer has to group Web-contents into some categories, and design the links between the contents. Persona analysis is an effective tool for acquiring user demands. However, there is no systematic methodology to convert the outputs of the persona analysis into the link-design and grouping categories of the contents. To resolve this problem, this paper proposes a new Web-design approach that has two major methods: 1) Contents link design based on persona analysis focusing on persona’s internal change of interest and knowledge, 2) Application of MDS (Multi-Dimensional Scaling) for generating Web contents groups by using distance among contents based on the persona analysis. A prototype Web-site was designed by using the proposed methodology. The experimental evaluation of the prototype shows that the design approach is practical and valid.
キーワード (和) Webサイト / Web制作 / ペルソナ分析 / 多次元尺度法 / コンテンツ / / /  
(英) Web / Web design / Persona analysis / Multi Dimensional Scaling / content / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 487, KBSE2015-50, pp. 13-18, 2016年3月.
資料番号 KBSE2015-50 
発行日 2016-02-25 (KBSE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード KBSE2015-50

研究会情報
研究会 KBSE  
開催期間 2016-03-03 - 2016-03-04 
開催地(和) 由布市湯布院公民館 
開催地(英)  
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 KBSE 
会議コード 2016-03-KBSE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ペルソナ分析に基づくコンテンツ間距離と多次元尺度法を用いたWebサイト制作手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Web Design Method using Multi Dimensional Scaling and the Distance between Contents based on Persona Analysis 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Webサイト / Web  
キーワード(2)(和/英) Web制作 / Web design  
キーワード(3)(和/英) ペルソナ分析 / Persona analysis  
キーワード(4)(和/英) 多次元尺度法 / Multi Dimensional Scaling  
キーワード(5)(和/英) コンテンツ / content  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 笠谷 昌弘 / Masahiro Kasatani / カサタニ マサヒロ
第1著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Doshisha Univ)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 芝本 雅史 / Masashi Shibamoto / シバモト マサシ
第2著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Doshisha Univ)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 井田 明男 / Akio Ida / イダ アキオ
第3著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Doshisha Univ)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 金田 重郎 / Shigeo Kaneda / カネダ シゲオ
第4著者 所属(和/英) 同志社大学 (略称: 同志社大)
Doshisha University (略称: Doshisha Univ)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-03-03 10:40:00 
発表時間 30 
申込先研究会 KBSE 
資料番号 IEICE-KBSE2015-50 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.487 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-KBSE-2016-02-25 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会