お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-03-02 10:50
マルチバンドWLAN用学習型60GHz帯WLANサービスエリア検出法の設計と特性
大津寛之梅比良正弘武田茂樹宮嶋照行鹿子嶋憲一茨城大SRW2015-74
抄録 (和) マルチバンドWLAN移動端末のバッテリ長寿命化と周波数有効利用のため,見通し波の自由空間損失を仮定した2.4/5GHz帯RSSIによる60GHz帯WLANサービスエリア検出法が提案されているが,狭い閉じられた空間では2.4/5GHz帯は比較的強い反射波が存在し,RSSIが自由空間損失とならない場合に推定誤差が大きくなる.この問題を解決するため, 60GHz帯と2.4/5GHz帯のRSSI測定結果を用いて60GHz帯WLANサービスエリアの推定精度を改善する学習型60GHz帯WLANサービスエリア検出法を提案している.本文では,学習型60GHz帯サービスエリア検出法の動作フローを示すと共に,ユーザの移動を考慮した動作シミュレーションを行い,提案する学習型サービスエリア検出法の設計と特性を述べる. 
(英) A RSSI (Received Signal Strength Indicator) based 60 GHz band WLAN coverage detection scheme assuming free space loss of LOS (Line Of Sight) component in 2.4/5 GHz band was proposed aiming at longer battery lifetime of the multi-band WLAN mobile terminals and efficient spectrum utilization. However, prediction error can be large in small rooms since relatively strong reflected waves of 2.4/5 GHz signals can exist in such environments and path loss can be different from free space loss. To solve this problem of the conventional RSSI based 60 GHz band WLAN coverage detection scheme, the authors have been proposing learning-based 60 GHz band WLAN coverage detection method to improve 60 GHz band coverage detection accuracy by using the measured results of both 2.4/5 GHz and 60 GHz RSSI. This report describes operation flow of the proposed method as well as design and performance of the proposed method.
キーワード (和) ミリ波帯 / マイクロ波帯 / マルチバンドWLAN / サービスエリア検出 / 学習型 / / /  
(英) millimeter wave / microwave / multi-band WLAN / service area detection / learning based / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 474, SRW2015-74, pp. 23-28, 2016年3月.
資料番号 SRW2015-74 
発行日 2016-02-24 (SRW) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード SRW2015-74

研究会情報
研究会 RCS CCS SR SRW  
開催期間 2016-03-02 - 2016-03-04 
開催地(和) 東京工業大学 
開催地(英) Tokyo Institute of Technology 
テーマ(和) 移動通信ワークショップ 
テーマ(英) Mobile Communication Workshop 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 SRW 
会議コード 2016-03-RCS-CCS-SR-SRW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) マルチバンドWLAN用学習型60GHz帯WLANサービスエリア検出法の設計と特性 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Design and Performance of Learning-based 60GHz band WLAN Coverage Detection Method for Multi-band WLAN 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ミリ波帯 / millimeter wave  
キーワード(2)(和/英) マイクロ波帯 / microwave  
キーワード(3)(和/英) マルチバンドWLAN / multi-band WLAN  
キーワード(4)(和/英) サービスエリア検出 / service area detection  
キーワード(5)(和/英) 学習型 / learning based  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 大津 寛之 / Hiroyuki Otsu / オオツ ヒロユキ
第1著者 所属(和/英) 茨城大学 (略称: 茨城大)
Ibaraki University (略称: Ibaraki Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 梅比良 正弘 / Masahiro Umehira / ウメヒラ マサヒロ
第2著者 所属(和/英) 茨城大学 (略称: 茨城大)
Ibaraki University (略称: Ibaraki Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 武田 茂樹 / Sigeki Takeda / タケダ シゲキ
第3著者 所属(和/英) 茨城大学 (略称: 茨城大)
Ibaraki University (略称: Ibaraki Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮嶋 照行 / Teruyuki Miyajima / ミヤジマ テルユキ
第4著者 所属(和/英) 茨城大学 (略称: 茨城大)
Ibaraki University (略称: Ibaraki Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 鹿子嶋 憲一 / Kenichi Kagosima / カゴシマ ケンイチ
第5著者 所属(和/英) 茨城大学 (略称: 茨城大)
Ibaraki University (略称: Ibaraki Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-03-02 10:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 SRW 
資料番号 IEICE-SRW2015-74 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.474 
ページ範囲 pp.23-28 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-SRW-2016-02-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会