電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-03-02 14:05
回り込み干渉キャンセラを適用したネットワークリスニング同期の実信号波形を用いた同期性能評価
生天目 翔小西光邦長手厚史藤井輝也ソフトバンク
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 急増する通信トラフィックへの対策として,マクロセルエリア上に多数のスモールセルを重ねて配置するオーバレイセル構成が注目されている.オーバレイセル構成において同一周波数でマクロセル基地局とスモールセル基地局を運用する場合,マクロセル基地局とスモールセル基地局間の同一周波数干渉を回避する技術としてeICICが不可欠である.eICICは時間軸上で干渉回避を行うことから,マクロセル基地局とスモールセル基地局間で高精度な時間同期が必要となる.同期方法としてはGPSを用いた方法が知られているが,GPSの受信が困難な屋内では適用できない.そこで,マクロセル基地局からの下りリンク信号を受信し,スモールセル基地局の送信タイミングをマクロセル基地局に同期するネットワークリスニング同期方法が注目を集めている.ネットワークリスニング同期では,スモールセル基地局の同期精度を維持するために,その運用中にもマクロセル基地局からの下りリンク信号を定期的に受信し同期を更新する必要があるが,スモールセル基地局自身の送信信号が回り込み干渉となり同期精度が低下する.筆者らは同期更新のタイミングでスモールセル基地局の送信を停止する回り込み干渉回避技術を提案しているが,運用中のスモールセル基地局の送信を一部停止するため周波数利用効率が低下する課題がある.そこで,筆者らはスモールセル基地局の送信を停止することが無い回り込み干渉キャンセラを適用したネットワークリスニング同期を提案している.本稿では,回り込み干渉キャンセラを適用したネットワークリスニング同期について,実際の基地局送信信号波形データを用いた計算機シミュレーションにより同期性能の評価を行った. 
(英) The overlaid cell structure, in which a large number of small cells are deployed in a macro-cell coverage area, is considered to be a promising approach in order to accommodate rapidly increasing mobile data traffic. In the layered cell structure, eICIC (enhanced Inter-Cell Interference Coordination) is an essential technique to avoid the interference between the macro cells and the small cells when co-channel deployment is used. eICIC conducts interference coordination in the time domain. Therefore, accurate timing synchronization is required between the macro cells and the small cells. Although a timing synchronization method using GPS are widely known, it cannot be used indoors, so network-listening based synchronization is considered to be an effective synchronization method to synchronize the transmission timing between small cells and macro cells easily in even indoor environments. In the network-listening, small cells synchronizes own transmission timing with macro cells by receiving the macro-cell downlink signals. However, the loop-back signal from the small cells itself interferes the reception of the macro-cell synchronization signal. In order to solve the problem, we proposed to mute the transmission and avoid loop-back self-interference. However, the spectral efficiency is deteriorated by muting the transmission itself. In this paper, we propose a synchronization method that cancel loop-back self-interference without muting the transmission itself. In this paper, we clarify its synchronization accuracy by computer simulations using real signal waveform.
キーワード (和) ネットワークリスニング同期 / 回り込み干渉キャンセラ / スモールセル / LTE-Advanced / / / /  
(英) Network-Listening Based Synchronization / Self-Interference Interference Canceller / Small-Cell / LTE-Advanced / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 472, RCS2015-353, pp. 121-126, 2016年3月.
資料番号 RCS2015-353 
発行日 2016-02-24 (RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 RCS CCS SR SRW  
開催期間 2016-03-02 - 2016-03-04 
開催地(和) 東京工業大学 
開催地(英) Tokyo Institute of Technology 
テーマ(和) 移動通信ワークショップ 
テーマ(英) Mobile Communication Workshop 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 RCS 
会議コード 2016-03-RCS-CCS-SR-SRW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 回り込み干渉キャンセラを適用したネットワークリスニング同期の実信号波形を用いた同期性能評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Synchronization Performance Evaluation of Network-Listening Based Synchronization with Loop-Back Self-Interference Canceller Using Real Signal Waveform 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) ネットワークリスニング同期 / Network-Listening Based Synchronization  
キーワード(2)(和/英) 回り込み干渉キャンセラ / Self-Interference Interference Canceller  
キーワード(3)(和/英) スモールセル / Small-Cell  
キーワード(4)(和/英) LTE-Advanced / LTE-Advanced  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 生天目 翔 / Sho Nabatame / ナバタメ ショウ
第1著者 所属(和/英) ソフトバンク株式会社 (略称: ソフトバンク)
SoftBank Corp (略称: SoftBank)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小西 光邦 / Mitsukuni Konishi / コニシ ミツクニ
第2著者 所属(和/英) ソフトバンク株式会社 (略称: ソフトバンク)
SoftBank Corp (略称: SoftBank)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 長手 厚史 / Atsushi Nagate / ナガテ アツシ
第3著者 所属(和/英) ソフトバンク株式会社 (略称: ソフトバンク)
SoftBank Corp (略称: SoftBank)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤井 輝也 / Teruya Fujii / フジイ テルヤ
第4著者 所属(和/英) ソフトバンク株式会社 (略称: ソフトバンク)
SoftBank Corp (略称: SoftBank)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-03-02 14:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 RCS 
資料番号 IEICE-RCS2015-353 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.472 
ページ範囲 pp.121-126 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-RCS-2016-02-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会