お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-03-02 10:30
発話タグの出現頻度を考慮した対話における適切な応答タイミング
吉田奎一郎山本知仁金沢工大HCS2015-93
抄録 (和) 本研究では音声対話システムにおける適切な発話タイミングの調査を目的として,人と音声対話システムとの対話実験を行った.対話内容は既存のコーパスに付与されたタグの出現頻度から日常的な会話で多く使われる表現を用いて作成した.発話タイミングはオーバーラップを含む6種類を用意し,それらを一対比較法で評価した.結果として,日常的な会話においては400msecから600msecの正の反応潜時が良い印象を与えることが示唆された. 
(英) In this research, to analyze the proper utterance timing in the dialogue system, we have analyzed the impression of the timing in the two dialogue contents. In this experiment, the dialogue contents was composed of the three sentence and these were selected based on the statistical results of tagged dialogue corpus. The 6 response timings including overlaps were prepared for the experiment and subjects evaluated them by pairwise comparison. As a result, it was suggested that the utterance timing from 400 to 600msec gave better impression in the usual conversation.
キーワード (和) 対話システム / 発話タイミング / 反応潜時長 / 発話タグ / / / /  
(英) Dialogue system / Utterance timing / Pause duration / Dialogue tag / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 471, HCS2015-93, pp. 65-68, 2016年3月.
資料番号 HCS2015-93 
発行日 2016-02-23 (HCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード HCS2015-93

研究会情報
研究会 HCS  
開催期間 2016-03-01 - 2016-03-02 
開催地(和) 瑠璃光(山代温泉) 
開催地(英) Rurikoh (Yamashiro Onsen) 
テーマ(和) プロダクト(もの)・サービス(こと)のデザインとコミュニケーションおよび一般 
テーマ(英) Design of Products/Services and Communication, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HCS 
会議コード 2016-03-HCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 発話タグの出現頻度を考慮した対話における適切な応答タイミング 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Proper utterance timing of the dialogue considering the appearance frequency of dialogue tags 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 対話システム / Dialogue system  
キーワード(2)(和/英) 発話タイミング / Utterance timing  
キーワード(3)(和/英) 反応潜時長 / Pause duration  
キーワード(4)(和/英) 発話タグ / Dialogue tag  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 奎一郎 / Keiichiro Yoshida / ヨシダ ケイイチロウ
第1著者 所属(和/英) 金沢工業大学 (略称: 金沢工大)
Kanazawa Institute of Technology (略称: K.I.T.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 知仁 / Tomohito Yamamoto / ヤマモト トモヒト
第2著者 所属(和/英) 金沢工業大学 (略称: 金沢工大)
Kanazawa Institute of Technology (略称: K.I.T.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-03-02 10:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 HCS 
資料番号 IEICE-HCS2015-93 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.471 
ページ範囲 pp.65-68 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-HCS-2016-02-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会