お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-03-02 10:00
異方導電性接着剤を用いて積層した多層基板の高周波伝送特性に関する検討
石橋秀則三菱電機)・長瀬健司三菱電機エンジニアリング)・大和田 哲北村洋一米田尚史宮下裕章三菱電機MW2015-173 ICD2015-96 エレソ技報アーカイブへのリンク:MW2015-173 ICD2015-96
抄録 (和) 近年,高周波回路では,小型・低コスト化の要求により樹脂の多層プリント配線板が用いられるようになっている.多層プリント配線板では,ドリル加工によりビアを形成する.この場合,貫通穴を設ける必要があるため,不要な層にもビアを形成する場合があり,これが狭帯域化や不要放射の原因となる課題がある.ビア形成にはビルドアップ工法も適用可能であるが,1層ずつビアを形成する工法であるため,コストが高くなる.そこで,異方導電性接着剤を用いて積層する多層基板を提案した.合計8箇所の接続部からなる伝送線路を試作したところ,1箇所あたりの通過損失が,0.03dB未満となる良好な特性を確認した. 
(英) In recent years, the resin multilayer wiring boards are used in the radio frequency circuits. They use through hole via in the interconnection between the layers. However, it has a problem that through hole via looks like a stub in the radio frequency circuits. It causes a radiation or narrow band width. Therefore, the authors propose a novel multilayer printed wiring board using the anisotropic conductive paste. In this report, we measure the transmission characteristics of the multilayer printed wiring board using the anisotropic conductive paste and show its effectiveness.
キーワード (和) 異方導電性接着剤 / 多層基板 / ストリップ線路 / 結合線路 / アイソレーション / / /  
(英) Anisotropic Conductive Paste / Multilayer Printed Wiring Board / Strip Line / Coupled Line / Isolation / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 476, MW2015-173, pp. 1-4, 2016年3月.
資料番号 MW2015-173 
発行日 2016-02-24 (MW, ICD) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MW2015-173 ICD2015-96 エレソ技報アーカイブへのリンク:MW2015-173 ICD2015-96

研究会情報
研究会 ICD MW  
開催期間 2016-03-02 - 2016-03-04 
開催地(和) 広島大学 
開催地(英) Hiroshima University 
テーマ(和) マイクロ波集積回路/一般 
テーマ(英) Microwave Integrated Circuit / Microwave Technologies 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MW 
会議コード 2016-03-ICD-MW 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 異方導電性接着剤を用いて積層した多層基板の高周波伝送特性に関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A Study of Multilayer Printed Wiring Boards Using the Anisotropic Conductive Paste 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 異方導電性接着剤 / Anisotropic Conductive Paste  
キーワード(2)(和/英) 多層基板 / Multilayer Printed Wiring Board  
キーワード(3)(和/英) ストリップ線路 / Strip Line  
キーワード(4)(和/英) 結合線路 / Coupled Line  
キーワード(5)(和/英) アイソレーション / Isolation  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 石橋 秀則 / Hidenori Ishibashi / イシバシ ヒデノリ
第1著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electoric Corporation (略称: MELCO)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 長瀬 健司 / Kenji Nagase / ナガセ ケンジ
第2著者 所属(和/英) 三菱電機エンジニアリング株式会社 (略称: 三菱電機エンジニアリング)
Mitsubishi Electric Engineering Corporation (略称: MEE)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 大和田 哲 / Tetsu Owada / オオワダ テツ
第3著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electoric Corporation (略称: MELCO)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 北村 洋一 / Yoichi Kitamura / キタムラ ヨウイチ
第4著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electoric Corporation (略称: MELCO)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 米田 尚史 / Naofumi Yoneda / ヨネダ ナオフミ
第5著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electoric Corporation (略称: MELCO)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮下 裕章 / Hiroaki Miyashita / ミヤシタ ヒロアキ
第6著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electoric Corporation (略称: MELCO)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-03-02 10:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MW 
資料番号 IEICE-MW2015-173,IEICE-ICD2015-96 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.476(MW), no.477(ICD) 
ページ範囲 pp.1-4 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-MW-2016-02-24,IEICE-ICD-2016-02-24 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会