お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-03-01 15:20
姿勢が表情の印象に与える影響
新宅由紀乃渡邊伸行金沢工大HCS2015-86
抄録 (和) 本研究は姿勢が表情の印象にどのような影響を与えるか,検討することを目的とした.刺激として,4つの表情 (笑顔,驚き,怒り,無表情) と8種類の姿勢を組み合わせた人物の写真を用いた.実験参加者にはセマンティック・ディファレンシャル (SD) 法を用いた評価を求めた.因子分析の結果,“評価性”,“活動性”の2因子が抽出された.因子空間において,姿勢によって表情の印象が変化する可能性が示された.また,重回帰分析の結果,“評価性”や“活動性”が表情や姿勢の親しみやすさに関与することが示された. 
(英) The present study investigated how postures affect the impression of facial expressions of emotion. The pictures of female and male who perform one of the four facial expressions (smile, surprise, anger, and neutral) and one of the eight kinds of postures were used as materials. Participants were asked to rate the pictures in terms of the semantic differential (SD) technique. A factor analysis revealed two factors of “valence” and “activity.” The placements of the pictures in the factor space showed that the impression of facial expressions might be affected by postures. A multiple regression analysis showed that both of the two factors were positively correlated with the familiarity with the person.
キーワード (和) 表情 / 姿勢 / 親しみやすさ / セマンティック・ディファレンシャル法 / / / /  
(英) Facial expressions of emotion / Posture / Familiarity / Semantic differential technique / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 471, HCS2015-86, pp. 25-28, 2016年3月.
資料番号 HCS2015-86 
発行日 2016-02-23 (HCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード HCS2015-86

研究会情報
研究会 HCS  
開催期間 2016-03-01 - 2016-03-02 
開催地(和) 瑠璃光(山代温泉) 
開催地(英) Rurikoh (Yamashiro Onsen) 
テーマ(和) プロダクト(もの)・サービス(こと)のデザインとコミュニケーションおよび一般 
テーマ(英) Design of Products/Services and Communication, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HCS 
会議コード 2016-03-HCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 姿勢が表情の印象に与える影響 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Effect of postures on the impression of facial expressions 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 表情 / Facial expressions of emotion  
キーワード(2)(和/英) 姿勢 / Posture  
キーワード(3)(和/英) 親しみやすさ / Familiarity  
キーワード(4)(和/英) セマンティック・ディファレンシャル法 / Semantic differential technique  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 新宅 由紀乃 / Yukino Shintaku / シンタク ユキノ
第1著者 所属(和/英) 金沢工業大学 (略称: 金沢工大)
Kanazawa Institute of Technology (略称: KIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡邊 伸行 / Nobuyuki Watanabe / ワタナベ ノブユキ
第2著者 所属(和/英) 金沢工業大学 (略称: 金沢工大)
Kanazawa Institute of Technology (略称: KIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-03-01 15:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 HCS 
資料番号 IEICE-HCS2015-86 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.471 
ページ範囲 pp.25-28 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-HCS-2016-02-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会