お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-03-01 13:00
意思決定会話における満足度についての考察
河野 進総研大)・相原健郎NIIHCS2015-81
抄録 (和) グループにおける意思決定では,メンバー全員の意見が一致せず,決定事項に対して不満を感じるメンバーが生じることがある.この課題を解決するため,グループダイナミックスや会話分析の先行研究をふまえ,会話分析や発話特徴量抽出によって,グループの種別や状態を判定し,その状態等に応じて,適切な参考情報やアドバイスを提示する介入によって,グループにおける意思決定を支援するモデルを検討している.

意思決定支援方法の検討にあたり,意思決定を行う会話参加メンバーの状態を把握する実験を実施した.会話中の参加メンバーの感性(「興味度」,「好き度」,「集中度」,「ストレス度」,「眠気度」)の状態変化を脳波計測によって把握した.その結果,討議におけるメンバーの討議状況に応じてストレス度などの感性の度合が変動する傾向がみられた.今後は,これらの傾向をふまえ,例えばストレスが少なく,満足度が高い意思決定会話を実現できるように,グループにおける意思決定を支援する手法を具体化していく. 
(英) We are studying a model of group decision support based on estimations of group status through utterance analysis. Based on methods used in prior studies of group dynamics and utterance analysis, we measured the utterance characteristics of members to infer group status; moreover, we aimed to enhance the overall condition of the group by providing appropriate reference information in a timely manner through a conversational agent.

For the studying of this decision support, we had an experiment to clarify the state and change of participants in the conversation for the decision making. I grasped a state of the sensitivity (like, interest, concentration, stress, and drowsiness) of the participants.

We found some tendencies indicating the relation between the participation situation and the level of the stress in the conversation. We will continue to study the support method in the decision making conversation for the high satisfaction based on the tendencies indicated in our experiment, for example, by reducing the stress of each speaker in the decision making conversation.
キーワード (和) 会話分析 / 意思決定支援 / 会話における感性 / / / / /  
(英) group status estimation / utterance feature / conversational agent / intention extraction / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 471, HCS2015-81, pp. 1-4, 2016年3月.
資料番号 HCS2015-81 
発行日 2016-02-23 (HCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード HCS2015-81

研究会情報
研究会 HCS  
開催期間 2016-03-01 - 2016-03-02 
開催地(和) 瑠璃光(山代温泉) 
開催地(英) Rurikoh (Yamashiro Onsen) 
テーマ(和) プロダクト(もの)・サービス(こと)のデザインとコミュニケーションおよび一般 
テーマ(英) Design of Products/Services and Communication, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HCS 
会議コード 2016-03-HCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 意思決定会話における満足度についての考察 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A study of Satisfaction in Conversation for Decision Making 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 会話分析 / group status estimation  
キーワード(2)(和/英) 意思決定支援 / utterance feature  
キーワード(3)(和/英) 会話における感性 / conversational agent  
キーワード(4)(和/英) / intention extraction  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 河野 進 / Susumu Kono / コウノ ススム
第1著者 所属(和/英) 総合研究大学院大学 (略称: 総研大)
The Graduate University for Advanced Studies (略称: SOKENDAI)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 相原 健郎 / Kenro Aihara /
第2著者 所属(和/英) 国立情報学研究所 (略称: NII)
National Institute of Informatics (略称: NII)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-03-01 13:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 HCS 
資料番号 IEICE-HCS2015-81 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.471 
ページ範囲 pp.1-4 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-HCS-2016-02-23 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会