電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-02-29 13:30
Verilog-HDLによる大規模ハードウェア設計の検証支援ツールの開発
森光勇太横川智教岡山県立大)・近藤真史宮崎 仁川崎医療福祉大)・佐藤洋一郎有本和民岡山県立大)・吉田則裕名大
抄録 (和) 本稿では,Verilog-HDLで記述された大規模ハードウェア設計の検証支援ツールについて報告する.
検証には,フォーマル検証技術の一種である記号モデル検査に基づく検証器であるNuSMVを用いる.
本ツールでは,Verilog-HDLによる設計記述を,NuSMVの入力となるSMVプログラムへと自動的に変換する.
また,Verilogコードの構文解析にはpyverilogを用いており,pyverilogが生成した抽象構文木を入力として,SMVプログラムの生成を行う. 
(英) In this paper, we developed a tool supporting formal verification of large scale hardware design described by Verilog-HDL.
We use a model-checker NuSMV which supports symbolic mode checking.
Symbolic model checking is one of formal verification techniques and can avoid state explosion problem by representing a state transition graph as a boolean formula.
Our tool translates a hardware design described by Verilog-HDL into an SMV program which is an input of NuSMV.
We use pyverilog toolkit for parsing Verilog code and our tool outputs the SMV program from abstract syntactic tree which is generated by pyverilog.
キーワード (和) 形式的検証 / モデル検査 / NuSMV / / / / /  
(英) formal verification / model checking / NuSMV / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 465, VLD2015-111, pp. 1-6, 2016年2月.
資料番号 VLD2015-111 
発行日 2016-02-22 (VLD) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 VLD  
開催期間 2016-02-29 - 2016-03-02 
開催地(和) 沖縄県青年会館 
開催地(英) Okinawa Seinen Kaikan 
テーマ(和) システムオンシリコンを支える設計技術 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 VLD 
会議コード 2016-02-VLD 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Verilog-HDLによる大規模ハードウェア設計の検証支援ツールの開発 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Tool Support for Verifying Large Scale Hardware Design with Verilog-HDL 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 形式的検証 / formal verification  
キーワード(2)(和/英) モデル検査 / model checking  
キーワード(3)(和/英) NuSMV / NuSMV  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 森光 勇太 / Yuta Morimitsu / モリミツ ユウタ
第1著者 所属(和/英) 岡山県立大学 (略称: 岡山県立大)
Okayama Prefectural University (略称: Okayama Prefectural Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 横川 智教 / Tomoyuki Yokogawa / ヨコガワ トモユキ
第2著者 所属(和/英) 岡山県立大学 (略称: 岡山県立大)
Okayama Prefectural University (略称: Okayama Prefectural Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 近藤 真史 / Masafumi Kondo / コンドウ マサフミ
第3著者 所属(和/英) 川崎医療福祉大学 (略称: 川崎医療福祉大)
Kawasaki University of Medical Welfare (略称: Kawasaki Univ. of Medical Welfare)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮崎 仁 / Hisashi Miyazaki / ミヤザキ ヒサシ
第4著者 所属(和/英) 川崎医療福祉大学 (略称: 川崎医療福祉大)
Kawasaki University of Medical Welfare (略称: Kawasaki Univ. of Medical Welfare)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 洋一郎 / Yoichiro Sato / サトウ ヨウイチロウ
第5著者 所属(和/英) 岡山県立大学 (略称: 岡山県立大)
Okayama Prefectural University (略称: Okayama Prefectural Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 有本 和民 / Kazutami Arimoto / アリモト カズタミ
第6著者 所属(和/英) 岡山県立大学 (略称: 岡山県立大)
Okayama Prefectural University (略称: Okayama Prefectural Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 則裕 / Norihiro Yoshida /
第7著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-02-29 13:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 VLD 
資料番号 IEICE-VLD2015-111 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.465 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-VLD-2016-02-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会