電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-02-29 10:30
パラメトリックスピーカにおける両耳間強度差及び時間差 ~ 剛体球による人の頭部のモデル化 ~
田口光輔野村英之鎌倉友男電通大
抄録 (和) 本研究では,パラメトリックスピーカによる両耳間音場形成を調査するために,人の頭部を円柱体および球体にモデル化し,パラメトリック音の散乱場を逐次近似法に基づき理論化した.そして,両耳間強度差(Interaural Level Difference)および両耳間時間差(Interaural Time Difference)について数値解析を行い,理論と実験とを比較した.その結果,両者は大まかには一致するもののいくつかの相違が現れ,よって球状散乱体を用いた散乱音場に対する今回の数値解析の有用性に更なる検討が必要であることが分かった. 
(英) Based on the Khohklov-Zabolotskaya-Kuznetsov nonlinear equation and successive approximation, parametric sounds scattered by a cylindrical and spherical rigid objects are theoretically analyzed for investigating Interaural Level Difference (ILD) and Interaural Time Difference (ITD). The two objects model a head of a human being. To examine the usefulness of the present theory, we carried out experiments using 1 kHz parametric sound s. Experimental data and theoretical results are in relatively good agreement except for several points. For further appropriate comparison, we need to go through the present theoretical approaches and re-formulate experimental environments.
キーワード (和) パラメトリックスピーカ / 両耳間強度差 / 両耳間時間差 / 散乱音場 / 数値解析 / / /  
(英) Parametric speaker / Interaural Level Difference / Interaural Time Difference / Scattered sound field / Numerical analysis / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 464, US2015-108, pp. 1-6, 2016年2月.
資料番号 US2015-108 
発行日 2016-02-22 (US) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 US  
開催期間 2016-02-29 - 2016-02-29 
開催地(和) 東京大学生産技術研究所 
開催地(英) Instiute of Industrial Science, the University of Tokyo 
テーマ(和) アコースティックイメージング,非破壊検査,一般
(共催:日本非破壊検査協会超音波部門,日本音響学会アコースティックイメージング研究会) 
テーマ(英) Acoustic Imaging, Nondestructive Inspection, and General 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 US 
会議コード 2016-02-US 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) パラメトリックスピーカにおける両耳間強度差及び時間差 
サブタイトル(和) 剛体球による人の頭部のモデル化 
タイトル(英) Interaural level and time differences by parametric loudspeaker 
サブタイトル(英) Modeling of the human head by a rigid sphere 
キーワード(1)(和/英) パラメトリックスピーカ / Parametric speaker  
キーワード(2)(和/英) 両耳間強度差 / Interaural Level Difference  
キーワード(3)(和/英) 両耳間時間差 / Interaural Time Difference  
キーワード(4)(和/英) 散乱音場 / Scattered sound field  
キーワード(5)(和/英) 数値解析 / Numerical analysis  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 田口 光輔 / Kosuke Taguchi / タグチ コウスケ
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 野村 英之 / Hideyuki Nomura / ノムラ ヒデユキ
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 鎌倉 友男 / Tomoo Kamakura / カマクラ トモオ
第3著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
The University of Electro-Communications (略称: UEC)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-02-29 10:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 US 
資料番号 IEICE-US2015-108 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.464 
ページ範囲 pp.1-6 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-US-2016-02-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会