電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-02-25 15:55
[特別招待講演]In-Networkキャッシュの研究動向
山本 幹関西大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) インターネット上の転送トラヒックに占めるコンテンツ配信の割合が大きくなっていることから,コンテンツ配信を効率よく実現するコンテンツオリエンテッドネットワーク(Content Oriented Network:CON)が注目を集めている.CONでは,ユーザはコンテンツそのものの取得に関心があり,どこからそして誰からコンテンツを得ているのかには関心がないというコンテンツ配信の特徴から,複数箇所からのコンテンツ取得を許すなど,従来のネットワークでは提供できなかった柔軟なコンテンツ取得を可能とする.ロケーションオリエンテッドなインターネットでは,パケットはルータから転送されると異なる宛先IPアドレスには再利用できないため破棄されるが,CONでは同一コンテンツを所望するユーザのコンテンツ要求に対し再利用可能となるため,ルータにキャッシュを配備することが一般的である.このコンテンツを一時的にルータで蓄積するIn-Networkキャッシュに対して,様々なアプローチの研究成果が発表されている.本稿では,まずIn-Networkキャッシュの有効性に関する賛否双方の観点に立つ論文を紹介した上で,肯定的観点の論文においてIn-Networkキャッシュの有効性について否定的論文では十分に評価されていないことが示されていることを紹介する.さらに,In-Networkキャッシュの効果をより向上させるためのアプローチとして,特にCaching DecisionならびにContent Request Routingの観点で発表されている興味深いアプローチを紹介する. 
(英) Content oriented networks have been proposed as clean slate network architecture for content distribution services. Content distribution services have a content oriented feature of “users only care about retrieval of content itself and do not care about from where it is obtained”. From this content oriented feature, content data packets can be reused for content requests of other users for a corresponding content even after they have already been forwarded in a router. So, a router in content oriented networks is generally equipped with its local cache where content data packets passing through it are temporarily stored. Lots of interesting works for this In-Network Cache have been proposed. This paper first introduces well-known debate about effectiveness of In-Network Cache and shows that con papers fail to correctly evaluate In-Network Cache performance. There are many factors which dominate In-Network Cache performance. These include caching decision, content request routing, and replacement policy. In this paper, we focus on the first two viewpoints, caching decision and content request routing, and survey interesting approaches for In-Network Cache.
キーワード (和) In-Network Cache / Caching Decision / Content Request Routing / Caching Networks / / / /  
(英) In-Network Cache / Caching Decision / Content Request Routing / Caching Networks / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 461, CS2015-89, pp. 23-28, 2016年2月.
資料番号 CS2015-89 
発行日 2016-02-18 (CAS, CS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
査読に
ついて
本技術報告は査読を経ていない技術報告であり,推敲を加えられていずれかの場に発表されることがあります.

研究会情報
研究会 CS CAS  
開催期間 2016-02-25 - 2016-02-26 
開催地(和) ラフォーレ南紀白浜 
開催地(英) Laforet Nanki-Shirahama Hotel 
テーマ(和) ネットワークプロセッサ,通信のための信号処理回路,無線LAN/PAN,一般 
テーマ(英) Network Processor, Signal Processing Circuits for Communication, Wireless LAN/PAN, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CS 
会議コード 2016-02-CS-CAS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) In-Networkキャッシュの研究動向 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Research Trends on In-Network Caching in Content Oriented Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) In-Network Cache / In-Network Cache  
キーワード(2)(和/英) Caching Decision / Caching Decision  
キーワード(3)(和/英) Content Request Routing / Content Request Routing  
キーワード(4)(和/英) Caching Networks / Caching Networks  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 幹 / Miki Yamamoto / ヤマモト ミキ
第1著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-02-25 15:55:00 
発表時間 50 
申込先研究会 CS 
資料番号 IEICE-CAS2015-84,IEICE-CS2015-89 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.460(CAS), no.461(CS) 
ページ範囲 pp.23-28 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CAS-2016-02-18,IEICE-CS-2016-02-18 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会