電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-02-22 10:45
深層学習による医用画像の高解像度化
近藤佑斗趙 キョウ楚岩本祐太郎韓 先花陳 延偉立命館大ITS2015-61 IE2015-103
抄録 (和) 医療の現場では診断補助のためMRIやCTにより撮像された医用画像が広く用いられ,正確な診断のため高解像度の画像が求められる.そこで超解像技術による医用画像の高解像度化に高い需要がある.従来の超解像技術には多数の学習データを保持するため計算コストが大きくなるという問題点がある.そこで本稿では,近年機械学習分野で大きな注目を集めている深層学習(Deep Learning)に注目し,深層学習を用いた超解像技術を医用画像の高解像度化に応用した.また,医用画像はある1平面を除く他平面の高解像度画像が得られないため学習データの取得が困難であるという問題が存在する.そのため,その問題に対して,画像内における自己相似性を仮定し,高解像度平面画像のデータベースから他平面の入力画像の高解像度化を図った. 
(英) In medical diagnosis, high resolution images are necessary. However, it often takes too much processing time for MRI(Magnetic Resonance Imaging) or CT(Computed Tomography) to obtain the high resolution images, which leads to a burden of capturing images for a patient. To solve this problem, super resolution is proposed to generate higher resolution images from lower ones arithmetically. On the other hand, deep learning, as an effective machine learning method has many applications in variety fields. In this research, we applied the deep learning technique for medical image super resolution. The validity of our method is verified in 2D medical images. In addition, our method is also applicable to 3D images and the super resolution images are used for reconstruction of coronal plane and sagittal plane. Experiments showed that the use of our proposed method achieves superior results tested on an axial plane database.
キーワード (和) 画像復元 / 超解像技術 / 深層学習 / / / / /  
(英) Image Restoration / Super Resolution / Deep Learning / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 459, IE2015-103, pp. 29-34, 2016年2月.
資料番号 IE2015-103 
発行日 2016-02-15 (ITS, IE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ITS2015-61 IE2015-103

研究会情報
研究会 ITS IE ITE-AIT ITE-HI ITE-ME ITE-MMS ITE-CE  
開催期間 2016-02-22 - 2016-02-23 
開催地(和) 北海道大学 
開催地(英) Hokkaido Univ. 
テーマ(和) 画像処理および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IE 
会議コード 2016-02-ITS-IE-AIT-HI-ME-MMS-CE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 深層学習による医用画像の高解像度化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Deep Learning Based 3D Medical Volume Super Resolution 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 画像復元 / Image Restoration  
キーワード(2)(和/英) 超解像技術 / Super Resolution  
キーワード(3)(和/英) 深層学習 / Deep Learning  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 近藤 佑斗 / Yuto Kondo / コンドウ ユウト
第1著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 趙 キョウ楚 / Qiaochu Zhao / チョウ キョウソ
第2著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩本 祐太郎 / Yutaro Iwamoto / イワモト ユウタロウ
第3著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 韓 先花 / Xian-Hua Han / ハン シエンフアー
第4著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 陳 延偉 / Yan-Wei Chen / チン エンイ
第5著者 所属(和/英) 立命館大学 (略称: 立命館大)
Ritsumeikan University (略称: Ritsumeikan Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-02-22 10:45:00 
発表時間 15 
申込先研究会 IE 
資料番号 IEICE-ITS2015-61,IEICE-IE2015-103 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.458(ITS), no.459(IE) 
ページ範囲 pp.29-34 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-ITS-2016-02-15,IEICE-IE-2016-02-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会