電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-02-22 09:30
Image-Related Uses for Roadside Infrastructure based on Wireless Beacons
Marat ZhanikeevKyutech
抄録 (和) Roadside infrastructure is traditionally assumed to be based on IEEE 802.15 which defines the various opportunistic and cognitive elements necessary for vehicle-specific mobility. However recent advances in wireless technology -- specifically, the fact the Beacons have become highly accessible both on commodity devices and in readily available software -- opens the path towards minimizing the size of roadside infrastructure while also simplifying individual nodes. This paper discusses a case when relatively fewer roadside network nodes are put to the task of having to collect image data from a much larger number of roadside cameras. Collection is happening via vehicles which are used as sync packets between camera and network nodes. Communication is happening solely via beacons using beacon stuffing when necessary. Special attention is paid to short-term communication and contention when wireless density is high. 
(英) Roadside infrastructure is traditionally assumed to be based on IEEE 802.15 which defines the various opportunistic and cognitive elements necessary for vehicle-specific mobility. However recent advances in wireless technology -- specifically, the fact the Beacons have become highly accessible both on commodity devices and in readily available software -- opens the path towards minimizing the size of roadside infrastructure while also simplifying individual nodes. This paper discusses a case when relatively fewer roadside network nodes are put to the task of having to collect image data from a much larger number of roadside cameras. Collection is happening via vehicles which are used as sync packets between camera and network nodes. Communication is happening solely via beacons using beacon stuffing when necessary. Special attention is paid to short-term communication and contention when wireless density is high.
キーワード (和) beacons / roadside infrastructure / image communications / video streaming / vehicular network / / /  
(英) beacons / roadside infrastructure / image communications / video streaming / vehicular network / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 458, ITS2015-57, pp. 7-10, 2016年2月.
資料番号 ITS2015-57 
発行日 2016-02-15 (ITS, IE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 ITS IE ITE-AIT ITE-HI ITE-ME ITE-MMS ITE-CE  
開催期間 2016-02-22 - 2016-02-23 
開催地(和) 北海道大学 
開催地(英) Hokkaido Univ. 
テーマ(和) 画像処理および一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ITS 
会議コード 2016-02-ITS-IE-AIT-HI-ME-MMS-CE 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Image-Related Uses for Roadside Infrastructure based on Wireless Beacons 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) beacons / beacons  
キーワード(2)(和/英) roadside infrastructure / roadside infrastructure  
キーワード(3)(和/英) image communications / image communications  
キーワード(4)(和/英) video streaming / video streaming  
キーワード(5)(和/英) vehicular network / vehicular network  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) ザニケエフ マラット / Marat Zhanikeev / ザニケエフ マラット
第1著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyutech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-02-22 09:30:00 
発表時間 15 
申込先研究会 ITS 
資料番号 IEICE-ITS2015-57,IEICE-IE2015-99 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.458(ITS), no.459(IE) 
ページ範囲 pp.7-10 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-ITS-2016-02-15,IEICE-IE-2016-02-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会