お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-02-18 14:45
数モードファイバのモードとは何か? ~ 厳密固有モードによるモード多重伝送の提案 ~
國分泰雄渡邉達彦三浦聖矢河田 凌横浜国大OCS2015-105 OPE2015-225 エレソ技報アーカイブへのリンク:OPE2015-225
抄録 (和) (事前公開アブストラクト) 数モードファイバの伝搬モードとして一般的に考えられているLPモードは,厳密にはHE, EH, TE, TMモード等の厳密固有モードの線形結合であることが知られている.しかし,LPモードを構成する厳密固有モードは擬縮退状態であるので,実際の伝送特性を議論する際にはLPモードを用いて議論される場合が多い.ところが,LPモードを用いた解析が誤った結果をもたらす事はほとんど報告されていない.また,厳密固有モードを選択的に励振する方法も未確立であったため,従来は厳密固有モードを用いたモード多重伝送も議論されてこなかった.
そこで筆者らは,入射端で励振したLP高次モードが厳密固有モードの伝搬定数差によってどのように変化するかを解析し,その結果として接続時の軸ずれによるクロストークの解析には厳密固有モードを用いないと誤った結果になることを明らかにした.また,厳密固有モードを選択的に励振して独立した伝送チャネルに用いる方法を考案したので報告する. 
(英) (Advance abstract in Japanese is available)
キーワード (和) / / / / / / /  
(英) / / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 451, OCS2015-105, pp. 29-34, 2016年2月.
資料番号 OCS2015-105 
発行日 2016-02-11 (OCS, OPE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード OCS2015-105 OPE2015-225 エレソ技報アーカイブへのリンク:OPE2015-225

研究会情報
研究会 OFT OCS OPE  
開催期間 2016-02-18 - 2016-02-19 
開催地(和) 沖縄大学 
開催地(英) Okinawa Univ. 
テーマ(和) 光波センシング、光波制御・検出、光計測、ニューロ、光ファイバ(ホーリーファイバ、マルチコアファイバ等含む)伝送とファイバ光増幅・接続技術、 光ファイバ計測応用、通信用光ファイバ、光ファイバコード・ケーブル、機能性光ファイバ、空間分割多重(SDM)光ファイバ技術、光接続・コネクタ・配線技術、光インターコネクション、光線路保守監視・試験技術、光ファイバ測定技術、一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OCS 
会議コード 2016-02-OFT-OCS-OPE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 数モードファイバのモードとは何か? 
サブタイトル(和) 厳密固有モードによるモード多重伝送の提案 
タイトル(英) What is a mode in few-mode fibers? 
サブタイトル(英) Proposal of mode division multiplexing using exact eigen-modes 
キーワード(1)(和/英) /  
キーワード(2)(和/英) /  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 國分 泰雄 / Yasuo Kokubun / コクブン ヤスオ
第1著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokonama National University (略称: Yokohama National Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 渡邉 達彦 / Tatsuhiko Watanabe / ワタナベ タツヒコ
第2著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokonama National University (略称: Yokohama National Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 三浦 聖矢 / Seiya Miura / ミウラ セイヤ
第3著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokonama National University (略称: Yokohama National Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 河田 凌 / Ryo Kawata / カワタ リョウ
第4著者 所属(和/英) 横浜国立大学 (略称: 横浜国大)
Yokonama National University (略称: Yokohama National Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-02-18 14:45:00 
発表時間 25 
申込先研究会 OCS 
資料番号 IEICE-OCS2015-105,IEICE-OPE2015-225 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.451(OCS), no.453(OPE) 
ページ範囲 pp.29-34(OCS), pp.55-60(OPE) 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-OCS-2016-02-11,IEICE-OPE-2016-02-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会