電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-01-29 13:00
倫理を制限する正義 ~ レヴィナスの「顔」の概念と正義の二面性 ~
辻 和希早大TL2015-57
抄録 (和) エマニュエル・レヴィナスは、主体の思考を超え出る「無限なる他者」を想定した他者論を展開させたことで知られている。そうした他者の出会いをレヴィナスは「顔(visage)」との対面と表現する。しかし、この「顔」とは、見られるものではない。本稿では、まずレヴィナスの「顔」とは身体の一部の顔ではなく、「人格」として読み取れることを確認していく。その際、旧約聖書に頻出する単語「顔()」とレヴィナスの「顔」の類似性を確認し、ユダヤ教からの影響を明らかにしていく。つぎに、レヴィナスが語る「正義」の二面性を明らかにする。正義は本来「顔」への倫理的な接近の仕方であった。それは形而上学的な「正義」である。現実の世界で正義は「顔」が要求する主体の倫理的な責任を制限するものとして現れる。この相反するような正義のあり方を見ていく。 
(英) Emmanuel Lévinas is a French philosopher known for his conceptualization of "the other person" as an infinite existence. He states that encountering "the other person" is to face one’s "visage." But the "visage" here is not seen. In this article, we first confirm that Lévinas’s visage is not a part of a body but rather is a personality. In so doing, we confirm that Lévinas’s use of "visage" resembles that of panim(פנים) in Hebrew, which means “face”, as used in the Old Testament and clarify its influence on his use. Second, I will try to show duality of Lévinas’s idea of justice, which he states as having "two faces". Justice, in him, is the ethical approach to one’s visage. But, this is metaphysical justice. In real life, justice limits the ethical responsibility demanded by the visage. I will contrast the two conflicting ideas of justice.
キーワード (和) エマニュエル・レヴィナス / / 正義 / 倫理 / / / /  
(英) Emmanuel Lévinas / visage / justice / ethic / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 441, TL2015-57, pp. 13-18, 2016年1月.
資料番号 TL2015-57 
発行日 2016-01-22 (TL) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード TL2015-57

研究会情報
研究会 TL  
開催期間 2016-01-29 - 2016-01-30 
開催地(和) 明治大学(駿河台)アカデミーコモン8階308E教室 
開催地(英) Meiji University (Academy Common) 
テーマ(和) 芸術思考・デザイン思考、および思考と言語一般 
テーマ(英) Art Thinking / Design Thinking, Thought and Language, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 TL 
会議コード 2016-01-TL 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 倫理を制限する正義 
サブタイトル(和) レヴィナスの「顔」の概念と正義の二面性 
タイトル(英) The justice limits ethic 
サブタイトル(英) The concept of Levinas's visage and justice which has two faces 
キーワード(1)(和/英) エマニュエル・レヴィナス / Emmanuel Lévinas  
キーワード(2)(和/英) / visage  
キーワード(3)(和/英) 正義 / justice  
キーワード(4)(和/英) 倫理 / ethic  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 辻 和希 / Tsuji Kazuki / ツジ カズキ
第1著者 所属(和/英) 早稲田大学 (略称: 早大)
Waseda Univetsity (略称: Waseda Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-01-29 13:00:00 
発表時間 30 
申込先研究会 TL 
資料番号 IEICE-TL2015-57 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.441 
ページ範囲 pp.13-18 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-TL-2016-01-22 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会