お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-01-29 09:50
近接放射イミュニティ試験のEUTとアンテナ間の試験距離に関する検討
高谷和宏中村尚倫奥川雄一郎広島芳春NTTEMCJ2015-116
抄録 (和) IEC TC77 SC77Bでは,無線機器が装置に近接した際に発生する電磁界を想定した近接放射イミュニティ試験が新たな試験規格IEC61000-4-39として検討されている.2015年7月に発行されたIEC61000-4-39 2nd CDでは,385MHz-6GHzにおける被試験装置(EUT)と試験用アンテナ間の距離(試験距離)は100±5 mmとされているが,385MHz-6GHzの広い周波数範囲においても適切であるかの検討が必要である.本報告では,2.4GHz帯の無線機器が通信装置に近接することを想定した場合の試験距離の妥当性について検討した結果を報告する.検討においては,試験用アンテナの候補として考えられる3種類のアンテナを用い,EUTに照射する際の均一電界平面の大きさが試験距離によってどのように変化するかを検証した.また,EUT側面が金属導体でシールドされている状況を想定した場合のアンテナ近傍における電界強度についても試験距離の観点から評価した.さらに,近接放射イミュニティ試験の試験信号を変化させ,試験距離が異なることによるEUTへのインパクトの違いについても評価した 
(英) IEC Technical Committee TC77 Subcommittee SC77B studies a radiated immunity test in close proximity to equipment as an IEC standard of IEC 61000-4-39. Though IEC 61000-4-39 2nd CD, which is published in July 2015, requires the test distance between equipment under test (EUT) and a test antenna as 100±5 mm at the frequency range from 385 MHz to 6 GHz, validation of the test distance still have remained. In this paper, validation of the test distance for radiated immunity test in close proximity, which assumes the case that a 2.4 GHz-band wireless device would be used in close proximity to telecommunication equipment, are reported. Three type of antenna, which might be candidate antennas for the radiated immunity test in close proximity, are used for validating its uniformity of electric field to EUT if there is a change in the test distance. From a viewpoint of the test distance, the electric field strength near the test antenna is evaluated when side surfaces of EUT are shielded by metallic conductors. Furthermore, differences in the impact to EUT, which is related to test distance, are also evaluated by changing test signals of the radiated immunity test in close proximity.
キーワード (和) 近接放射イミュニティ試験 / 無線機器 / 試験距離 / 試験信号 / / / /  
(英) Radiated immunity test in close proximity / Wireless device / Test distance / Test signal / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 427, EMCJ2015-116, pp. 71-75, 2016年1月.
資料番号 EMCJ2015-116 
発行日 2016-01-21 (EMCJ) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EMCJ2015-116

研究会情報
研究会 EMCJ WPT  
開催期間 2016-01-28 - 2016-01-29 
開催地(和) 熊本高専(熊本キャンパス) 
開催地(英) Kumamoto National Colle. Technology 
テーマ(和) 通信,無線電力伝送,EMC一般 
テーマ(英) Communication, Wireless Power Transmission, EMC 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMCJ 
会議コード 2016-01-EMCJ-WPT 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 近接放射イミュニティ試験のEUTとアンテナ間の試験距離に関する検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Study on test distance between EUT and antenna for radiated immunity test in close proximity to equipment 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 近接放射イミュニティ試験 / Radiated immunity test in close proximity  
キーワード(2)(和/英) 無線機器 / Wireless device  
キーワード(3)(和/英) 試験距離 / Test distance  
キーワード(4)(和/英) 試験信号 / Test signal  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 高谷 和宏 / Kazuhiro Takaya / タカヤ カズヒロ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 尚倫 / Naomichi Nakamura / ナカムラ ナオミチ
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 奥川 雄一郎 / Yuichiro Okugawa / オクガワ ユウイチロウ
第3著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 広島 芳春 / Yoshiharu Hiroshima / ヒロシマ ヨシハル
第4著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone Corporation (略称: NTT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-01-29 09:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EMCJ 
資料番号 IEICE-EMCJ2015-116 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.427 
ページ範囲 pp.71-75 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-EMCJ-2016-01-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会