電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-01-29 15:40
マイクロリングを有する2段縦続マッハツェンダ干渉計非線形光閾値素子の提案
近藤 正岸川博紀後藤信夫徳島大エレソ技報アーカイブへのリンク:EMT2015-136 OPE2015-198 LQE2015-185 EST2015-142 MWP2015-111
抄録 (和) 本論文では入力パワーの低レベル・高レベルで出力パワーが共にフラットな入出力伝達関数を有する光閾値素子を提案する。提案する光閾値素子は片側アームに非線形マイクロリングを有するマッハツェンダ干渉計を2 段縦続した構成である。この提案する光閾値素子の伝達関数と応答速度を理論的に解析する。半径5 μm のマイクロリングを用いた光閾値素子で閾値パワー7 mW,応答速度13 GHz の入出力伝達関数を得られる。マイクロリング半径以外のパラメータを調整することでより速い応答速度23.7 GHz を得られる。このときの閾値パワーは22 mW となる。さらに,マイクロリング半径を短くすることでより速い応答速度を有する光閾値素子を得られる。 
(英) We propose a novel optical thresholder having a flat power transfer function both in low-level and high-level output. The optical thresholder consists of cascaded two Mach-Zehnder interferometers (MZIs) with a nonlinear micro-ring resonator. We theoretically analyze the power transfer function and the response speed of the thresholder. A thresholder having the threshold of 7 mW with response speed of 13 GHz was obtained with ring radius of 5 μm. The response speed can be increased to 23.7 GHz with the same ring radius at the cost of increased threshold of 22 mW. Further increased response frequency can be realized by reducing the ring radius.
キーワード (和) 光閾値素子 / マイクロリング共振器 / 非線形効果 / マッハツェンダ干渉計 / / / /  
(英) Optical thresholder / micro-ring resonator / Nonlinear effect / Mach-Zehnder interferometer / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 431, EMT2015-136, pp. 313-318, 2016年1月.
資料番号 EMT2015-136 
発行日 2016-01-21 (PN, EMT, OPE, LQE, EST, MWP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)

研究会情報
研究会 LQE EST OPE EMT PN MWP IEE-EMT PEM 
開催期間 2016-01-28 - 2016-01-29 
開催地(和) 神戸市産業振興センター 
開催地(英)  
テーマ(和) フォトニックNW・デバイス、フォトニック結晶、ファイバーとその応用、光集積回路、光導波路素子、光スイッチング、導波路解析、マイクロ波・ミリ波フォトニクス、及び一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EMT 
会議コード 2016-01-LQE-EST-OPE-EMT-PN-MWP-EMT-PEM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) マイクロリングを有する2段縦続マッハツェンダ干渉計非線形光閾値素子の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Proposal of Nonlinear Optical Thresholder Consisting of Two Cascaded MZIs with Micro-Ring Resonators 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 光閾値素子 / Optical thresholder  
キーワード(2)(和/英) マイクロリング共振器 / micro-ring resonator  
キーワード(3)(和/英) 非線形効果 / Nonlinear effect  
キーワード(4)(和/英) マッハツェンダ干渉計 / Mach-Zehnder interferometer  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 近藤 正 / Tadashi Kondo / コンドウ タダシ
第1著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
Tokushima University (略称: Tokushima Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岸川 博紀 / Hiroki Kishikawa / キシカワ ヒロキ
第2著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
Tokushima University (略称: Tokushima Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 後藤 信夫 / Nobuo Goto / ゴトウ ノブオ
第3著者 所属(和/英) 徳島大学 (略称: 徳島大)
Tokushima University (略称: Tokushima Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-01-29 15:40:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EMT 
資料番号 IEICE-PN2015-85,IEICE-EMT2015-136,IEICE-OPE2015-198,IEICE-LQE2015-185,IEICE-EST2015-142,IEICE-MWP2015-111 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.430(PN), no.431(EMT), no.432(OPE), no.433(LQE), no.434(EST), no.435(MWP) 
ページ範囲 pp.313-318 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-PN-2016-01-21,IEICE-EMT-2016-01-21,IEICE-OPE-2016-01-21,IEICE-LQE-2016-01-21,IEICE-EST-2016-01-21,IEICE-MWP-2016-01-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会