電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-01-29 14:50
ラット海馬スライスにおけるカルバコール誘導β振動中の神経細胞・アストロサイトダイナミクス
蔭山逸行立野勝巳夏目季代久九工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) ラット海馬スライスにカルバコールを投与するとβ周波数帯の神経発火がバースト的に 10 秒程発生する。このバーストは数10秒毎に繰り返される。我々は、このようなβバースト発生にグリア細胞の一種であるアストロサイトが関与しているのではないかと考えた。そこで、1つの錐体細胞(Pinsky-Rinzel モデル)、1つの介在細胞 (Hodgkin-Huxley モデル)、そして1つのアストロサイト(Li-Rinzel モデル)からなる最小限の海馬ネットワークモデルを作成しカルバコール誘導βバーストの発生機序について検証した。その結果、3者の結合を切ると実験結果は再現できなかったが、3者を結合させる事で実験結果を再現できた。以上の結果より、カルバコール誘導β振動は、錐体細胞と介在細胞とアストロサイトの結合ネットワークによって生じる可能性がある事が分かった。 
(英) Carbachol,a cholinergic agent induces bursts of beta oscillations occur in rat hippocampal slices. The duration of the bursts is around 10 seconds and the inter-burst interval is a few tens of seconds. Recently one of the glial cells an astrocyte is involved in the generation of the epileptic bursts the pathological rhyhtm. The astrocytes lengthen the duration of the burst in the second order. So, the astrocytes may help the generation of the carbcahol-induced beta oscillation. We have proposed the minimal network model of a rat hippocampal slices to simulate the burst. The network is composed of a pyramidal cell (Pinsky-Rinzel model), an interneuron (Hodgkin-Huxley model) and an astrocyte (Li-Rinzel model). The model reproduced the bursts of the beta oscillation observed in the experiments, which have the duration of ten seconds and the long inter-burst interval in a few tens of seconds. Three compponents, a pyramidal cell, an interneuron, and an astrocyte are necessary to induce the carbachol-induced bursts.
キーワード (和) アストロサイト / 錐体細胞 / 介在細胞 / β波 / シミュレーション / / /  
(英) Astrocyte / Pyramidal cell / Interneuron / Beta-waves / Simulation / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 426, NC2015-64, pp. 39-44, 2016年1月.
資料番号 NC2015-64 
発行日 2016-01-21 (NC) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 NC NLP  
開催期間 2016-01-28 - 2016-01-29 
開催地(和) 九州工業大学 若松キャンパス 
開催地(英) Kyushu Institute of Technology 
テーマ(和) ニューロコンピューティングの実装および人間科学のための解析・モデル化,一般 
テーマ(英) Implementation of Neuro Computing,Analysis and Modeling of Human Science, etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NC 
会議コード 2016-01-NC-NLP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ラット海馬スライスにおけるカルバコール誘導β振動中の神経細胞・アストロサイトダイナミクス 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) The dynamics of the neuronal cells and an astrocyte during the generation of the carbachol-induced beta oscillation in rat hippocampal slices. 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) アストロサイト / Astrocyte  
キーワード(2)(和/英) 錐体細胞 / Pyramidal cell  
キーワード(3)(和/英) 介在細胞 / Interneuron  
キーワード(4)(和/英) β波 / Beta-waves  
キーワード(5)(和/英) シミュレーション / Simulation  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 蔭山 逸行 / Itsuki Kageyama / カゲヤマ イツキ
第1著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: KIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 立野 勝巳 / Katsumi Tateno / タテノ カツミ
第2著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: KIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 夏目 季代久 / Kiyohisa Natsume / ナツメ キヨヒサ
第3著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: KIT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-01-29 14:50:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NC 
資料番号 IEICE-NC2015-64 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.426 
ページ範囲 pp.39-44 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NC-2016-01-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会