電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-01-29 09:00
振動を用いたモバイル端末間通信の実現
宇佐啓史上岡英史芝浦工大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 二次元通信を行うための通信手法として,固体振動でデータを伝搬する振動通信方式が提案されてきた.しかしながら,振動という物理信号を扱う性質上,本方式により高速な通信を行うためには,特殊な機器を使用しなければならなかった.本研究では,高速な振動通信を行うための新たな信号変調方法を提案する.これを用いて,スマートフォンのみを用いた高速な振動通信を実現することを試みる.本稿では,提案方式による信号生成システムをスマートフォンに実装し,それを用いて振動通信を行った評価実験の結果を述べる.さらに,これをもとに提案手法の有効性を議論する. 
(英) To realize a two-dimensional communication, the vibration based communication method which conveys data on solid medium has been proposed. However, this method needs to use a special equipment to perform the communication at high speed, because it is difficult to correctly control the vibrations in such a condition. This study proposes a new signal modulation method for high speed vibration-based communications using only smartphones. In this paper, the results obtained by some evaluation experiments using the smartphones implementing the proposed signal generation system will be stated. In addition, the effectiveness of the proposed method will be discussed.
キーワード (和) 二次元通信 / 加速度センサ / スマートフォン / 振幅変調 / / / /  
(英) Two-dimensional communication / Acceleration sensor / Smartphone / ASK / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 436, MoNA2015-52, pp. 67-72, 2016年1月.
資料番号 MoNA2015-52 
発行日 2016-01-21 (MoNA) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MICT ASN MoNA  
開催期間 2016-01-28 - 2016-01-29 
開催地(和) 箱根湯本温泉の旅館 ホテルおかだ 
開催地(英) Hotel Okada 
テーマ(和) 知的環境, 医療・健康・スポーツのための技術, スマートシティとモバイル通信, 技術展示および一般 
テーマ(英) Ambient intelligence, ICT for Medical, Healthcare and Sports, etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MoNA 
会議コード 2016-01-MICT-ASN-MoNA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 振動を用いたモバイル端末間通信の実現 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Vibration-based communications scheme for Smartphones 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 二次元通信 / Two-dimensional communication  
キーワード(2)(和/英) 加速度センサ / Acceleration sensor  
キーワード(3)(和/英) スマートフォン / Smartphone  
キーワード(4)(和/英) 振幅変調 / ASK  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 宇佐 啓史 / Keishi Usa / ウサ ケイシ
第1著者 所属(和/英) 芝浦工業大学 (略称: 芝浦工大)
Shibaura Institute of Technology (略称: SIT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 上岡 英史 / Eiji Kamioka / カミオカ エイジ
第2著者 所属(和/英) 芝浦工業大学 (略称: 芝浦工大)
Shibaura Institute of Technology (略称: SIT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-01-29 09:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 MoNA 
資料番号 IEICE-MoNA2015-52 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.436 
ページ範囲 pp.67-72 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MoNA-2016-01-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会