お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2021年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-01-29 10:00
マルチエージェントシステムを用いた電力融通モデリングの試み
谷 賢太朗事業創造大)・前田義信中野敬介新潟大)・沼田秀穂仙石正和事業創造大CAS2015-71
抄録 (和) 近年,普及の進む太陽光発電は今まで需要者だった一般家庭が電力供給を行う側となれる点で電力網における大きな転換といえる.そのため一般家庭による電力の自給自足が可能になると考えられる,しかし太陽光発電における発電量は時間,天候,また各家庭により異なるため,電力の安定供給に影響を与えると考えられる.そこで複数家庭による電力の相互融通を考える.本研究ではマルチエージェントシステムを用いて,電力融通を行うコミュニティのモデリングを試みることで電力の相互融通の可能性を探る. 
(英) In recent year, photovoltaic systems that be becoming pervasive are turning point in power networks because the common household who was consumers can supply electricity.Therefore it is thought that self-sufficiency of the electricity by the common household is enabled. However the generation power of photovoltaic systems fluctuates widely depending on the time, the weather, and the each family. It affects frequency of supplied power of power system. Therefore we consider the power interchange by plural households.In this study, we consider the possibility of power interchange by the power interchange modeling using multi-agent system.
キーワード (和) 太陽光発電 / 電力融通 / マルチエージェントシステム / 援助行動 / / / /  
(英) photovoltaic system / power interchange / multi-agent system / helping behavior / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 422, CAS2015-71, pp. 57-60, 2016年1月.
資料番号 CAS2015-71 
発行日 2016-01-21 (CAS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード CAS2015-71

研究会情報
研究会 CAS  
開催期間 2016-01-28 - 2016-01-29 
開催地(和) 機械振興会館 
開催地(英) Kikai-Shinko-Kaikan Bldg. 
テーマ(和) 一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CAS 
会議コード 2016-01-CAS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) マルチエージェントシステムを用いた電力融通モデリングの試み 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Power interchange modeling using multi-agent system 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 太陽光発電 / photovoltaic system  
キーワード(2)(和/英) 電力融通 / power interchange  
キーワード(3)(和/英) マルチエージェントシステム / multi-agent system  
キーワード(4)(和/英) 援助行動 / helping behavior  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 谷 賢太朗 / Kentaro Tani / タニ ケンタロウ
第1著者 所属(和/英) 事業創造大学院大学 (略称: 事業創造大)
Graduate Institute for Entrepreneurial Studies (略称: Grad. Inst. Entrepreneurial Studies)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 前田 義信 / Yoshinobu Maeda / マエダ ヨシノブ
第2著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 中野 敬介 / Keisuke Nakano / ナカノ ケイスケ
第3著者 所属(和/英) 新潟大学 (略称: 新潟大)
Niigata University (略称: Niigata Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 沼田 秀穂 / Hideho Numata / ヌマタ ヒデホ
第4著者 所属(和/英) 事業創造大学院大学 (略称: 事業創造大)
Graduate Institute for Entrepreneurial Studies (略称: Grad. Inst. Entrepreneurial Studies)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 仙石 正和 / Masakazu Sengoku / センゴク マサカズ
第5著者 所属(和/英) 事業創造大学院大学 (略称: 事業創造大)
Graduate Institute for Entrepreneurial Studies (略称: Grad. Inst. Entrepreneurial Studies)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-01-29 10:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CAS 
資料番号 IEICE-CAS2015-71 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.422 
ページ範囲 pp.57-60 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-CAS-2016-01-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会