お知らせ ◆電子情報通信学会における研究会開催について(新型コロナウイルス関連)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-01-29 14:30
DC-DCコンバータにおける出力キャパシタの低減について
杉本一平古川雄大坂井 努丸田英徳柴田裕一郎黒川不二雄長崎大)・廣瀬圭一NTTファシリティーズEE2015-27
抄録 (和) スイッチング電源の制御分野において,比例制御の高速サンプリングにより良好な特性を得ることができる高速P制御が提案されている.本論文では,高速P制御による出力キャパシタンス低減について議論を行う.周波数特性や過渡特性により従来PID制御と高速P制御を比較し,出力キャパシタンス低減に高速P制御が有効であることを確認した.また,HVDCシステム用DC-DCコンバータにこの制御方式を適用し,良好な過渡特性が得られることを示した. 
(英) The purpose of this paper is to reveal possibility that suppression of output capacitance on dc-dc converter by applying fast P control method. This paper make comparison between the conventional PID control and the Fast P control by control characteristics. From those results, The Fast P control method have an advantage of reducing output capacitance. In addition, The proposed method is applied to DC-DC converter for HVDC system.
キーワード (和) DC-DCコンバータ / ディジタル制御 / / / / / /  
(英) DC-DC Converter / Digital Control / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 429, EE2015-27, pp. 109-113, 2016年1月.
資料番号 EE2015-27 
発行日 2016-01-21 (EE) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード EE2015-27

研究会情報
研究会 EE  
開催期間 2016-01-28 - 2016-01-29 
開催地(和) 久留米ホテル エスプリ 
開催地(英) KURUME HOTEL ESPRIT 
テーマ(和) 回路技術及び高効率エネルギー変換技術関連,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EE 
会議コード 2016-01-EE 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) DC-DCコンバータにおける出力キャパシタの低減について 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Suppression of Output Capacitance of DC-DC Converter 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) DC-DCコンバータ / DC-DC Converter  
キーワード(2)(和/英) ディジタル制御 / Digital Control  
キーワード(3)(和/英) /  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 杉本 一平 / Ippei Sugimoto / スギモト イッペイ
第1著者 所属(和/英) 長崎大学 (略称: 長崎大)
Nagasaki University (略称: Nagasaki Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 古川 雄大 / Yudai Furukawa / フルカワ ユウダイ
第2著者 所属(和/英) 長崎大学 (略称: 長崎大)
Nagasaki University (略称: Nagasaki Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 坂井 努 / Tsutom Sakai / サカイ ツトム
第3著者 所属(和/英) 長崎大学 (略称: 長崎大)
Nagasaki University (略称: Nagasaki Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 丸田 英徳 / Hidenori Maruta / マルタ ヒデノリ
第4著者 所属(和/英) 長崎大学 (略称: 長崎大)
Nagasaki University (略称: Nagasaki Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 柴田 裕一郎 / Yuichiro Shibata / シバタ ユウイチロウ
第5著者 所属(和/英) 長崎大学 (略称: 長崎大)
Nagasaki University (略称: Nagasaki Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 黒川 不二雄 / Fujio Kurokawa / クロカワ フジオ
第6著者 所属(和/英) 長崎大学 (略称: 長崎大)
Nagasaki University (略称: Nagasaki Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 廣瀬 圭一 / Keiichi Hirose / ヒロセ ケイイチ
第7著者 所属(和/英) 株式会社NTTファシリティーズ (略称: NTTファシリティーズ)
NTT FACILITIES, INC. (略称: NTT_F)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-01-29 14:30:00 
発表時間 20 
申込先研究会 EE 
資料番号 IEICE-EE2015-27 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.429 
ページ範囲 pp.109-113 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-EE-2016-01-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会