電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-01-28 09:05
反復法によるSIR共振器と平行結合三線路を組み合わせた超広帯域BPFの合成
陳 春平加藤紀樹穴田哲夫神奈川大)・武田重喜アンテナ技研)・馬 哲旺埼玉大PN2015-59 EMT2015-110 OPE2015-172 LQE2015-159 EST2015-116 MWP2015-85 エレソ技報アーカイブへのリンク:EMT2015-110 OPE2015-172 LQE2015-159 EST2015-116 MWP2015-85
抄録 (和) 平行結合3線路構造は平行結合2線路より結合が強いため,超広帯域フィルタの設計に良く使用されている.しかし,従来の合成理論は平行結合3線路の一番上と下の結合線路の間の跳び越し結合を無視するモデルしか取り扱えず,合成結果に大きな誤差が生じている.本稿では1波長ステップインピーダンス共振器,平行結合三線路と先端短絡スタブを組み合わせた超広帯域フィルタをより精確に設計するために,飛び越し結合を考慮したモデルを採用し,反復法に基づいた新たな合成手法を提案する.実際例として,提案した構造で比帯域幅100%の超広帯域フィルタを合成し,設計する.飛び越し結合を無視する従来の合成理論による合成結果と飛び越し結合を考慮する新しい合成理論の合成結果と電磁界シミュレーションによる結果と比較することにより,新方法の有効性を確かめる. 
(英) Since the coupling between the three-parallel-coupled-lines is stronger than that between traditional two-parallel-coupled-lines, three-parallel-coupled-line structures are applicable and widely applied to the design of wideband/ultra-wideband filters. However, it is found that since the conventional synthesis scheme usually neglects the cross-coupling between the non-adjacent lines of the three-coupled-line structure, the difference between the response of the synthesized filter and target goal is always more than 10%. To overcome this problem, in this report, a new modeling of three-parallel-coupled-lines considering the cross-coupling is used to synthesize the bandpass filters. Since the cross-coupling between non-adjacent lines is also dependent on the coupling between adjacent lines, a novel successive iteration synthesis scheme is correspondingly proposed to synthesize the filter. The results obtained by our synthesis theory compare well with those by simulation, while the model neglecting the cross-coupling between non-adjacent lines exhibits a 12% error in bandwidth estimation.
キーワード (和) 超広帯域フィルタ / 合成理論 / SIR / 平行結合三線路 / 飛び越し結合 / 反復法 / /  
(英) Wideband Filter / Synthesis / SIR / Parallel-coupled three-lines / Cross-coupling between non-adjacent lines / Iteration / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 434, EST2015-116, pp. 159-164, 2016年1月.
資料番号 EST2015-116 
発行日 2016-01-21 (PN, EMT, OPE, LQE, EST, MWP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード PN2015-59 EMT2015-110 OPE2015-172 LQE2015-159 EST2015-116 MWP2015-85 エレソ技報アーカイブへのリンク:EMT2015-110 OPE2015-172 LQE2015-159 EST2015-116 MWP2015-85

研究会情報
研究会 LQE EST OPE EMT PN MWP IEE-EMT PEM 
開催期間 2016-01-28 - 2016-01-29 
開催地(和) 神戸市産業振興センター 
開催地(英)  
テーマ(和) フォトニックNW・デバイス、フォトニック結晶、ファイバーとその応用、光集積回路、光導波路素子、光スイッチング、導波路解析、マイクロ波・ミリ波フォトニクス、及び一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EST 
会議コード 2016-01-LQE-EST-OPE-EMT-PN-MWP-EMT-PEM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 反復法によるSIR共振器と平行結合三線路を組み合わせた超広帯域BPFの合成 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Synthesis of UWB Filter Consisting of SIR and Three-Coupled-lines by Successive Iterations 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 超広帯域フィルタ / Wideband Filter  
キーワード(2)(和/英) 合成理論 / Synthesis  
キーワード(3)(和/英) SIR / SIR  
キーワード(4)(和/英) 平行結合三線路 / Parallel-coupled three-lines  
キーワード(5)(和/英) 飛び越し結合 / Cross-coupling between non-adjacent lines  
キーワード(6)(和/英) 反復法 / Iteration  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 陳 春平 / Chun-Ping Chen / チン シュンペイ
第1著者 所属(和/英) 神奈川大学 (略称: 神奈川大)
Kanagawa University (略称: Kanagawa Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 加藤 紀樹 / Noriki Kato / カトウ ノリキ
第2著者 所属(和/英) 神奈川大学 (略称: 神奈川大)
Kanagawa University (略称: Kanagawa Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 穴田 哲夫 / Tetsuo Anada / アナダ テツオ
第3著者 所属(和/英) 神奈川大学 (略称: 神奈川大)
Kanagawa University (略称: Kanagawa Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 武田 重喜 / Shigeki Takeda /
第4著者 所属(和/英) アンテナ技研株式会社 (略称: アンテナ技研)
Antenna Giken Co.,Ltd (略称: Antenna Giken)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 馬 哲旺 / Zhewang Ma / マ ゼワン
第5著者 所属(和/英) 埼玉大学 (略称: 埼玉大)
Saitama University (略称: Saitama Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-01-28 09:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EST 
資料番号 IEICE-PN2015-59,IEICE-EMT2015-110,IEICE-OPE2015-172,IEICE-LQE2015-159,IEICE-EST2015-116,IEICE-MWP2015-85 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.430(PN), no.431(EMT), no.432(OPE), no.433(LQE), no.434(EST), no.435(MWP) 
ページ範囲 pp.159-164 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-PN-2016-01-21,IEICE-EMT-2016-01-21,IEICE-OPE-2016-01-21,IEICE-LQE-2016-01-21,IEICE-EST-2016-01-21,IEICE-MWP-2016-01-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会