電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-01-28 10:30
光パケット・光パス統合ネットワークにおける波長資源境界制御の実証
古川英昭宮澤高也和田尚也原井洋明NICTPN2015-62 EMT2015-113 OPE2015-175 LQE2015-162 EST2015-119 MWP2015-88 エレソ技報アーカイブへのリンク:EMT2015-113 OPE2015-175 LQE2015-162 EST2015-119 MWP2015-88
抄録 (和) 筆者らが提案する光パケット・光パス統合ネットワークでは,ベストエフォートサービスと品質保証型サービスに対応するため,波長多重技術を用いて,同一の物理インフラストラクチャ上で光パケット交換(OPS)と光回線交換(OCS)リンクの両方を提供する.OPSとOCSリンクのユーザの需要の変化に即座に対応するために,光パケット・光パス統合ネットワークでは,リンクごとの波長資源量を動的に調整する必要がある.今回,我々は波長資源調整可能なハイブリッド光パケット/光パストランスポンダ及びスイッチを提案する.また,波長資源調整の分散制御機構を光パケット・光パス統合リングネットワークテストベッドに適用可能であることを確認する.さらに,波長資源調整機構とハイブリッドトランスポンダ及びスイッチを用いたテストベッドにおいて,光パスの設定数に応じて共有波長資源が割り当てられ,OPSとOCSリンク間の波長資源の境界が自律的に移動することを実験的に実証する. 
(英) Optical packet and circuit integrated (OPCI) networks provide both optical packet switching (OPS) and optical circuit switching (OCS) links on the same physical infrastructure using a wavelength multiplexing technique in order to deal with best-effort services and quality-guaranteed services. To immediately respond to changes in user demand for OPS and OCS links, OPCI networks should dynamically adjust the amount of wavelength resources for each link. We propose a resource-adjustable hybrid optical packet/circuit switch and transponder. We also verify that distributed control of resource adjustments can be applied to the OPCI ring network testbed we developed. In cooperation with the resource adjustment mechanism and the hybrid switch and transponder, we demonstrate that automatically allocating a shared resource and moving the wavelength resource boundary between OPS and OCS links can be successfully executed, depending on the number of optical paths in use.
キーワード (和) 光パケット・光パス統合ネットワーク / 光パケットスイッチ / 光パス / 分散制御 / 波長資源調整 / / /  
(英) optical packet and circuit integrated network / optical packet switch / optical path / distributed control / resource adjustment / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 430, PN2015-62, pp. 175-180, 2016年1月.
資料番号 PN2015-62 
発行日 2016-01-21 (PN, EMT, OPE, LQE, EST, MWP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード PN2015-62 EMT2015-113 OPE2015-175 LQE2015-162 EST2015-119 MWP2015-88 エレソ技報アーカイブへのリンク:EMT2015-113 OPE2015-175 LQE2015-162 EST2015-119 MWP2015-88

研究会情報
研究会 LQE EST OPE EMT PN MWP IEE-EMT PEM 
開催期間 2016-01-28 - 2016-01-29 
開催地(和) 神戸市産業振興センター 
開催地(英)  
テーマ(和) フォトニックNW・デバイス、フォトニック結晶、ファイバーとその応用、光集積回路、光導波路素子、光スイッチング、導波路解析、マイクロ波・ミリ波フォトニクス、及び一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 PN 
会議コード 2016-01-LQE-EST-OPE-EMT-PN-MWP-EMT-PEM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 光パケット・光パス統合ネットワークにおける波長資源境界制御の実証 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Demonstration of moving the boundary between wavelength resources in optical packet and circuit integrated ring network 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 光パケット・光パス統合ネットワーク / optical packet and circuit integrated network  
キーワード(2)(和/英) 光パケットスイッチ / optical packet switch  
キーワード(3)(和/英) 光パス / optical path  
キーワード(4)(和/英) 分散制御 / distributed control  
キーワード(5)(和/英) 波長資源調整 / resource adjustment  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 古川 英昭 / Hideaki Furukawa / フルカワ ヒデアキ
第1著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮澤 高也 / Takaya Miyazawa / ミヤザワ タカヤ
第2著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 和田 尚也 / Naoya Wada / ワダ ナオヤ
第3著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 原井 洋明 / Hiroaki Harai / ハライ ヒロアキ
第4著者 所属(和/英) 情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Information and Communications Technology (略称: NICT)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-01-28 10:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 PN 
資料番号 IEICE-PN2015-62,IEICE-EMT2015-113,IEICE-OPE2015-175,IEICE-LQE2015-162,IEICE-EST2015-119,IEICE-MWP2015-88 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.430(PN), no.431(EMT), no.432(OPE), no.433(LQE), no.434(EST), no.435(MWP) 
ページ範囲 pp.175-180 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-PN-2016-01-21,IEICE-EMT-2016-01-21,IEICE-OPE-2016-01-21,IEICE-LQE-2016-01-21,IEICE-EST-2016-01-21,IEICE-MWP-2016-01-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会