電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-01-28 11:20
ミリ波無線通信システムへ向けたKu帯アウトフェーズ増幅器の試作
前田祐人塩見英久岡村康行阪大エレソ技報アーカイブへのリンク:EMT2015-102 OPE2015-164 LQE2015-151 EST2015-108 MWP2015-77
抄録 (和) 近年,携帯無線端末の爆発的な普及により通信トラフィック量が増大している.これによる周波数逼迫への対策として広帯域確保が可能なミリ波無線通信システムに注目が集まっている.
CMOSプロセスの微細化によって可能となってきたシステムオンチップでのミリ波通信用デバイスにおいては,ダイナミックレンジの低下によって多値QAM等の複雑な変調方式が困難になる.
そこで振幅方向に情報を載せない変調方式であるアウトフェーズ変調を採用することにより,ダイナミックレンジの低下によらない複雑な信号生成が可能となり,非線形増幅器を用いて高い電力効率と線形性を両立することが可能となる.本技報ではアウトフェーズ増幅器の構成に必要となる180°ハイブリッド回路や電力合成回路,CMOS回路素子について行ったシミュレーションや,アウトフェーズ増幅器の原理実験についての検討を行ったので報告する. 
(英) In recent years, communication traffic is increasing because of explosive spread of wireless mobile terminals.
Millimeter-wave wireless communication system which can ensure a wide band attracts attention for a measure to the frequency shortage.
For millimeter-wave wireless communication devices of system-on-chip which enable to be fabricated by refinement of CMOS process,
complicated modulation systems like multilevel QAM are difficult by decline of dynamic range.
By using outphase modulation which doesn't use the amplitude direction for transmission, complicated signal processing which is unconnected to decline of dynamic range puts into practice.
In addition, it is possible to acheive high power efficiency and signal linearity with nonlinear amplifiers.
This paper presents the simulation of 180 degree hybrid circuits and CMOS circuit elements which are necessary to compose outphase amplifiers, the study of a principle experiment of outphase amplifiers.
キーワード (和) アウトフェーズ増幅器 / 電力回収 / CMOS / / / / /  
(英) Outphase Amplifier / Power Re-Use / CMOS / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 434, EST2015-108, pp. 95-100, 2016年1月.
資料番号 EST2015-108 
発行日 2016-01-21 (PN, EMT, OPE, LQE, EST, MWP) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)

研究会情報
研究会 LQE EST OPE EMT PN MWP IEE-EMT PEM 
開催期間 2016-01-28 - 2016-01-29 
開催地(和) 神戸市産業振興センター 
開催地(英)  
テーマ(和) フォトニックNW・デバイス、フォトニック結晶、ファイバーとその応用、光集積回路、光導波路素子、光スイッチング、導波路解析、マイクロ波・ミリ波フォトニクス、及び一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 EST 
会議コード 2016-01-LQE-EST-OPE-EMT-PN-MWP-EMT-PEM 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) ミリ波無線通信システムへ向けたKu帯アウトフェーズ増幅器の試作 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Prototype of Ku-band Outphase Amplifier for Millimeter-wave Wireless Communication System 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) アウトフェーズ増幅器 / Outphase Amplifier  
キーワード(2)(和/英) 電力回収 / Power Re-Use  
キーワード(3)(和/英) CMOS / CMOS  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 前田 祐人 / Yuto Maeda / マエダ ユウト
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 塩見 英久 / Hidehisa Shiomi / シオミ ヒデヒサ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡村 康行 / Yasuyuki Okamura / オカムラ ヤスユキ
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-01-28 11:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 EST 
資料番号 IEICE-PN2015-51,IEICE-EMT2015-102,IEICE-OPE2015-164,IEICE-LQE2015-151,IEICE-EST2015-108,IEICE-MWP2015-77 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.430(PN), no.431(EMT), no.432(OPE), no.433(LQE), no.434(EST), no.435(MWP) 
ページ範囲 pp.95-100 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-PN-2016-01-21,IEICE-EMT-2016-01-21,IEICE-OPE-2016-01-21,IEICE-LQE-2016-01-21,IEICE-EST-2016-01-21,IEICE-MWP-2016-01-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会