電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-01-28 16:05
[ポスター講演]端末間協調による極省電力・協調型無線機の検討
服部聖彦単 麟NICT)・天間克宏Abolfazl Mehbodniya東北大)・大和田泰伯浜口 清NICT)・安達文幸東北大ASN2015-81
抄録 (和) スマートフォンの消費電力における通信の占める割合は無視できないほど大きいため,通信の省電力化を進めることは,端末の稼働時間を延ばす上で非常に重要である.しかしながら,既存の省電力技術は基地局と端末単体の関係に焦点を当てているため,さらなる省電力化は容易ではない.この課題に対し,本研究は近隣のスマートフォン群を協調,連携させることで省電力通信を行う新たなフレームワークを提案するとともに,前段階の基礎的な実験として通信と消費電力,位置の関係を測定した.実験の結果,山手線沿線等の人口密集地帯では,移動時よりもむしろ駅停車時の方がより消費電力が大きいことが明らかになった.一方,ルーラルエリアでは,都市部から離れた場所での消費電力が高いことが明らかになった. 
(英) The percentage of the power consumption of communication occupies in the total power consumption in smartphones become bigger in recent year, therefore it can't be ignored subject. Thus the power saving communication is very important in extending the operating time of smartphones. However, almost all existing power saving techniques have focused on only base stations and single terminal relationship, and it makes difficult to further saving power. To overcome this problem, we propose a completely novel framework of power-saving communication based on cooperation and linking of neighboring smartphones. We performed fundamental measurement experiments on power consumption and mobility, throughput as a previous stage. As a result of the experiments, it become clear that the power consumption when staying at the stations is bigger than traveling in the JR Yamanote line area. On the other hand, in rural area, it also become clear that the power consumption of rural location which located far from the center of city is bigger.
キーワード (和) 端末間協調 / 省電力通信 / 最適化 / / / / /  
(英) Cooperation among terminals / power-saving communication / optimization / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 437, ASN2015-81, pp. 11-13, 2016年1月.
資料番号 ASN2015-81 
発行日 2016-01-21 (ASN) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ASN2015-81

研究会情報
研究会 MICT ASN MoNA  
開催期間 2016-01-28 - 2016-01-29 
開催地(和) 箱根湯本温泉の旅館 ホテルおかだ 
開催地(英) Hotel Okada 
テーマ(和) 知的環境, 医療・健康・スポーツのための技術, スマートシティとモバイル通信, 技術展示および一般 
テーマ(英) Ambient intelligence, ICT for Medical, Healthcare and Sports, etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ASN 
会議コード 2016-01-MICT-ASN-MoNA 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 端末間協調による極省電力・協調型無線機の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Extreme power-saving communication method based on cooperation among smartphones 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 端末間協調 / Cooperation among terminals  
キーワード(2)(和/英) 省電力通信 / power-saving communication  
キーワード(3)(和/英) 最適化 / optimization  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 服部 聖彦 / Kiyohiko Hattori / ハットリ キヨヒコ
第1著者 所属(和/英) 国立研究開発法人情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (略称: NICT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 単 麟 / Shan Lin / タン リン
第2著者 所属(和/英) 国立研究開発法人情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (略称: NICT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 天間 克宏 / Katsuhiro Temma / テンマ カツヒロ
第3著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) Abolfazl Mehbodniya / Abolfazl Mehbodniya /
第4著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 大和田 泰伯 / Yasunori Owada / オオワダ ヤスノリ
第5著者 所属(和/英) 国立研究開発法人情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (略称: NICT)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 浜口 清 / Kiyoshi Hamaguchi / ハマグチ キヨシ
第6著者 所属(和/英) 国立研究開発法人情報通信研究機構 (略称: NICT)
National Institute of Advanced Industrial Science and Technology (略称: NICT)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 安達 文幸 / Fumiyuki Adachi / アダチ フミユキ
第7著者 所属(和/英) 東北大学 (略称: 東北大)
Tohoku University (略称: Tohoku Univ.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-01-28 16:05:00 
発表時間 90 
申込先研究会 ASN 
資料番号 IEICE-ASN2015-81 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.437 
ページ範囲 pp.11-13 
ページ数 IEICE-3 
発行日 IEICE-ASN-2016-01-21 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会