電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-01-22 16:20
OpenFlowによる複数経路マルチキャストを利用した一対多ファイル転送の分析と改良
岩本健志岡本洋平鶴 正人九工大NS2015-167
抄録 (和) クラウド化の進展に伴い,データセンタ間におけるデータやアプリケーションの分散重複配置等のための一対多ファイル転送の必要性が増し,その効率化が求められている.本研究の目的は,OpenFlow技術を用いてマルチパス転送とマルチキャスト転送を組み合わせた複数経路マルチキャストによる一対多ファイル転送を実現し,適切なスケジューリングによって複数の受信者各々のファイル転送完了時間の短縮を図ることである.ファイルを不均一な複数受信者へ複数フェーズに分けて転送するために,ファイルのブロック分割,各フェーズの複数受信者へのブロック転送経路,および各経路に対するブロック割当を,トポロジや帯域に応じて決定する必要がある.そこで本報告では,受信者を考慮する順序をパラメタとするあるアルゴリズムによって転送経路およびブロック割当を逐次的に決定し,その受信者順序を様々に変えて得られた多数のスケジューリングの中から性能の良いものを選択する手法を提案する.ファイル転送の性能を小規模なトポロジではOpenFlowを実際に用いて測定し,大規模なトポロジではモデル上の計算によって評価し,提案手法が複数経路マルチキャスト転送の適切なスケジューリングを導出できることを示す. 
(英) The rapid penetration of cloud computing is accelerating the need for one-to-many file transfers to deliver and duplicate data and applications among distributed data centers in an efficient manner.
The purpose of our work is to develop an one-to-many Multipath-Multicast File Transfer in which multipath transfer and multicast transfer are combined with a proper scheduling and implemented by OpenFlow, aiming at reduction of the completion time for each of multiple receivers of a file.
In order to transfer a file to multiple heterogeneous receivers over multiple phases, it is essential to adaptively design a scheduling that consists of the division of the file into blocks, the delivery routes to multiple receivers in each phase, and the block allocation for each route, in response to network topology and bandwidth.
In this paper, we propose an approach that derives a possible scheduling from a given order of receivers to be considered as parameter in a sequential fashion by some algorithm, generates many scheduling instances by varying the order of receivers, and finally selects a good scheduling among them.
Our approach is shown to be able to determine a proper scheduling for the one-to-many Multipath-Multicast File Transfer through performance evaluation in real experiments of an OpenFlow implementation with small topologies and in model-based numerical computation with large topologies as well.
キーワード (和) OpenFlow / マルチパス転送 / マルチキャスト転送 / 一対多ファイル転送 / / / /  
(英) OpenFlow / multipath transfer / multicast transfer / one-to-many file transfer / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 404, NS2015-167, pp. 121-126, 2016年1月.
資料番号 NS2015-167 
発行日 2016-01-14 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2015-167

研究会情報
研究会 NS  
開催期間 2016-01-21 - 2016-01-22 
開催地(和) 博多バスターミナル 貸ホール 
開催地(英)  
テーマ(和) NWソフトウエア(ソフトウエアアーキテクチャ,ミドルウエア),NWアプリケーション,SOA/SDP,NGN/IMS/API,分散制御・ダイナミックルーチング,グリッド,NW及びシステム信頼性,NW及びシステム評価,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2016-01-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) OpenFlowによる複数経路マルチキャストを利用した一対多ファイル転送の分析と改良 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Analyzing and enhancing performance of an one-to-many transfer scheme using multipath-multicast by OpenFlow 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) OpenFlow / OpenFlow  
キーワード(2)(和/英) マルチパス転送 / multipath transfer  
キーワード(3)(和/英) マルチキャスト転送 / multicast transfer  
キーワード(4)(和/英) 一対多ファイル転送 / one-to-many file transfer  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岩本 健志 / Takeshi Iwamoto / イワモト タケシ
第1著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyutech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡本 洋平 / Yohe Okamoto / オカモト ヨウヘイ
第2著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyutech)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 鶴 正人 / Masato Tsuru / ツル マサト
第3著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyutech)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-01-22 16:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2015-167 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.404 
ページ範囲 pp.121-126 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2016-01-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会