電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-01-22 15:30
コンテンツ配置を考慮したコンテンツ指向トラヒックエンジニアリングの検討
速水祐作平田孝志山本 幹関西大NS2015-165
抄録 (和) 近年,ネットワーク上で転送されるコンテンツ配信トラヒックの占める割合が大きくなったことを受け,コンテンツ指向なネットワーク設計手法が数多く提案されている.そのような背景のもと,本稿では,ルータへの コンテンツ配置とコンテンツ指向トラヒックエンジニアリング(TE)を同時に考えるCCAR (Caching and Content Aware Routing)を提案する.CCARは,コンテンツ配置及びコンテンツ指向TEを協調的に行うための最適化問題として定式化される.本稿では,CCARの定式化を行った上で,その最適化問題を局所探索法によるコンテンツ配置とその結果に基づくコンテンツ指向TEに分離して,ネットワーク内の最大リンク利用率を削減するようなネットワーク設計を行う.また,数値評価によりCCARの有効性を示す. 
(英) Recently, many content-oriented schemes have been proposed for network design which is suitable for services required by users. This paper proposes a content placement and content-oriented traffic engineering scheme named CCAR (Caching and Content Aware Routing). CCAR is formulated as an optimization problem to coordinately perform content placement and content-oriented traffic engineering. In this paper, after we formulate CCAR, we decompose the problem to a content placement sub-problem and a
traffic engineering sub-problem. In the content placement sub-problem, contents are placed at routers by a local search algorithm. The traffic engineering sub-problem calculates routes according to the content placement. Our numerical results show that CCAR efficiently reduces maximum link utilization.
キーワード (和) コンテンツ指向ネットワーク / インネットワークキャッシュ / トラヒックエンジニアリング / コンテンツ配置 / / / /  
(英) Content-Oriented Network / In-Network Caching / Traffic Engineering / Content Placement / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 404, NS2015-165, pp. 109-114, 2016年1月.
資料番号 NS2015-165 
発行日 2016-01-14 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2015-165

研究会情報
研究会 NS  
開催期間 2016-01-21 - 2016-01-22 
開催地(和) 博多バスターミナル 貸ホール 
開催地(英)  
テーマ(和) NWソフトウエア(ソフトウエアアーキテクチャ,ミドルウエア),NWアプリケーション,SOA/SDP,NGN/IMS/API,分散制御・ダイナミックルーチング,グリッド,NW及びシステム信頼性,NW及びシステム評価,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2016-01-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) コンテンツ配置を考慮したコンテンツ指向トラヒックエンジニアリングの検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Content-Oriented Traffic Engineering with Content Caching 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) コンテンツ指向ネットワーク / Content-Oriented Network  
キーワード(2)(和/英) インネットワークキャッシュ / In-Network Caching  
キーワード(3)(和/英) トラヒックエンジニアリング / Traffic Engineering  
キーワード(4)(和/英) コンテンツ配置 / Content Placement  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 速水 祐作 / Yusaku Hayamizu / ハヤミズ ユウサク
第1著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 平田 孝志 / Kouji Hirata / ヒラタ コウジ
第2著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山本 幹 / Miki Yamamoto / ヤマモト ミキ
第3著者 所属(和/英) 関西大学 (略称: 関西大)
Kansai University (略称: Kansai Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-01-22 15:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2015-165 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.404 
ページ範囲 pp.109-114 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2016-01-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会