電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-01-22 12:25
NFVにおけるNW機能の組み合わせを考慮したサーバリソース割当て方式の検討 ~ NetroSphere構想実現に向けて ~
栗田弘之中村宏之NTTNS2015-158
抄録 (和) キャリア網のNFV化が検討されている中、FirewallやVPNなど、ユーザのトラフィックを直接処理する転送系機能のソフトウェア化および仮想化も進展している。転送系機能は広帯域のトラフィックを低遅延で処理する必要があり、DPDKのように汎用サーバ上で高速なパケット処理を実現する技術の普及により、機能単体の帯域や遅延は改善されつつある。一方、サービスチェイニングのように複数の機能を組み合わせる場合の帯域や遅延についてはまだ十分に考慮されておらず、複数の機能が異なるサーバに配置されることによるスイッチの帯域使用量や遅延の増加等の課題がある。そこで本稿では、転送系機能に特有のサーバへの配置要件を整理し、それら要件を充足する方式として、ユーザのトラフィックが通過する一連の機能のVMを1台のサーバ上に配置する方式を提案する。提案方式ではさらに、保有するリソース量の異なる複数のサーバがあったときに、CPUやメモリといったサーバのリソースを最も有効に活用できるサーバの選択を可能にする。提案手法の定量的な評価により、有効に活用されないリソース量を平均で65%削減する効果がある場合があることを確認した。 
(英) Carriers are now considering application of NFV to their networks. Towards NFV, transport functions such as firewall and VPN are implemented in software and they are also virtualized. While transport functions need to process wide band traffic with low latency, high-speed packet processing technologies such as Intel DPDK has improved the throughput and the latency of a single function. However, the throughput and the delay when combining multiple functions (e.g. service chaining) have not been taken into consideration enough and there are some problems, such as the increase of the throughput of switches and the increase of the latency. In this paper, we clarify requirements for allocation of transport functions to servers and propose a method which locates a series of functions on one server. The proposed method also determines the server which utilize the resource of servers, such as CPU cores and memory, most effectively. An evaluation of the proposed method has confirmed that the method can reduce the unused resource by 65% in average.
キーワード (和) NFV / VM / 配置 / 広帯域 / 低遅延 / サーバ / リソース / ロードバランサ  
(英) NFV / VM / allocation / high throughput / low latency / server / resource / load balancer  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 404, NS2015-158, pp. 69-74, 2016年1月.
資料番号 NS2015-158 
発行日 2016-01-14 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2015-158

研究会情報
研究会 NS  
開催期間 2016-01-21 - 2016-01-22 
開催地(和) 博多バスターミナル 貸ホール 
開催地(英)  
テーマ(和) NWソフトウエア(ソフトウエアアーキテクチャ,ミドルウエア),NWアプリケーション,SOA/SDP,NGN/IMS/API,分散制御・ダイナミックルーチング,グリッド,NW及びシステム信頼性,NW及びシステム評価,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2016-01-NS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) NFVにおけるNW機能の組み合わせを考慮したサーバリソース割当て方式の検討 
サブタイトル(和) NetroSphere構想実現に向けて 
タイトル(英) A server resource allocation method considering combination of NW functions on NFV 
サブタイトル(英) NetroSphere: Towards the Transformation of Carrier Networks 
キーワード(1)(和/英) NFV / NFV  
キーワード(2)(和/英) VM / VM  
キーワード(3)(和/英) 配置 / allocation  
キーワード(4)(和/英) 広帯域 / high throughput  
キーワード(5)(和/英) 低遅延 / low latency  
キーワード(6)(和/英) サーバ / server  
キーワード(7)(和/英) リソース / resource  
キーワード(8)(和/英) ロードバランサ / load balancer  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 栗田 弘之 / Hiroyuki Kurita / クリタ ヒロユキ
第1著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone (略称: NTT)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 宏之 / Hiroyuki Nakamura /
第2著者 所属(和/英) 日本電信電話株式会社 (略称: NTT)
Nippon Telegraph and Telephone (略称: NTT)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-01-22 12:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2015-158 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.404 
ページ範囲 pp.69-74 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-NS-2016-01-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会