電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-01-22 13:55
周波数領域等化を用いたスペクトルモニタによる2段階適応等化手法
野口栄実前田和佳子ル・タヤンディエ・ドゥ・ガボリ エマニュエル藤田定男中村達也安部淳一福知 清NEC
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 通信トラフィックの増大に対応するため,状況に応じて伝送路や変調方式を切替える等,より効率的な光ネットワークの運用が求められている.このような光通信システムでは,伝送路条件,変調方式などに応じて様々に変化する僅かな波形歪みが伝送特性に大きく影響を及ぼすため,安定かつ適応的に波形歪みを補償する適応線形等化技術が必須である.ここでは,変調方式に依存しないスペクトルモニタを用いた周波数領域適応等化を導入することにより,回路規模を抑えつつ様々な波形歪みを高精度に補償可能な2 段階適応等化手法を提案し、実験によりROADM 段数6 段の条件において2.8dB のQ 値改善を実証した。 
(英) Adaptive equalization techniques for mitigation of transmission impairments, such as spectrum narrowing in ROADM (Reconfigurable Optical Add/Drop Multiplexer), are key to enable effective operation of flexible networks, using technologies like adaptive modulation or switching. In this paper, we propose a 2-step adaptive equalization scheme for Frequency-Domain Equalization combining coarse equalization based on spectrum monitoring independently of the modulation format and precise equalization with an off-chip sub-DSP. We demonstrate that the proposed adaptation scheme achieves robust synchronization and Q-factor improvement for various numbers of ROADM node. We report experimental verification of 2.8 dB Q-factor improvement with 6-stage ROADM node.
キーワード (和) 適応等化 / 係数制御 / 周波数領域等化 / スペクトルモニタ / / / /  
(英) Adaptive equalization / Coefficient control / Frequency domain equalization / Spectrum monitoring / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 407, OCS2015-99, pp. 63-68, 2016年1月.
資料番号 OCS2015-99 
発行日 2016-01-14 (OCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
査読に
ついて
本技術報告は査読を経ていない技術報告であり,推敲を加えられていずれかの場に発表されることがあります.

研究会情報
研究会 CS OCS  
開催期間 2016-01-21 - 2016-01-22 
開催地(和) 鹿児島大学 稲盛アカデミー(郡元キャンパス) 
開催地(英) Kagoshima University, Korimoto Campus, Inamori Auditorium 
テーマ(和) コア・メトロシステム,海底伝送システム,光アクセスシステム・次世代PON,イーサネット,光伝達網 (OTN),伝送監視制御,光伝送システム設計・ツール,モバイル光連携,ブロードバンドアクセス方式,光映像配信,一般 
テーマ(英) Network Core/Metro Systems, Submarine Transmission Systems, Optical Access Systems/Next Generation PON, Ethernet, Optical Transport Network (OTN), Transmission Monitoring and Supervisory Control, Optical Transmission System Design/Tools, Mobile Optical Network 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OCS 
会議コード 2016-01-CS-OCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 周波数領域等化を用いたスペクトルモニタによる2段階適応等化手法 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) 2-Step Adaptive Equalization Scheme Based on Spectrum Monitoring implemented in Frequency-Domain Equalizer 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 適応等化 / Adaptive equalization  
キーワード(2)(和/英) 係数制御 / Coefficient control  
キーワード(3)(和/英) 周波数領域等化 / Frequency domain equalization  
キーワード(4)(和/英) スペクトルモニタ / Spectrum monitoring  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 野口 栄実 / Hidemi Noguchi / ノグチ ヒデミ
第1著者 所属(和/英) 日本電気株式会社 (略称: NEC)
NEC Corporation (略称: NEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 前田 和佳子 / Wakako Maeda / マエダ ワカコ
第2著者 所属(和/英) 日本電気株式会社 (略称: NEC)
NEC Corporation (略称: NEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) ル・タヤンディエ・ドゥ・ガボリ エマニュエル / Emmanuel Le Taillandier de Gabory / ル・タヤンディエ・ドゥ・ガボリ エマニュエル
第3著者 所属(和/英) 日本電気株式会社 (略称: NEC)
NEC Corporation (略称: NEC)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤田 定男 / Sadao Fujita / フジタ サダオ
第4著者 所属(和/英) 日本電気株式会社 (略称: NEC)
NEC Corporation (略称: NEC)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 達也 / Tatsuya Nakamura / ナカムラ タツヤ
第5著者 所属(和/英) 日本電気株式会社 (略称: NEC)
NEC Corporation (略称: NEC)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 安部 淳一 / Jun'ichi Abe / アベ ジュンイチ
第6著者 所属(和/英) 日本電気株式会社 (略称: NEC)
NEC Corporation (略称: NEC)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 福知 清 / Kiyoshi Fukuchi / フクチ キヨシ
第7著者 所属(和/英) 日本電気株式会社 (略称: NEC)
NEC Corporation (略称: NEC)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-01-22 13:55:00 
発表時間 25 
申込先研究会 OCS 
資料番号 IEICE-OCS2015-99 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.407 
ページ範囲 pp.63-68 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-OCS-2016-01-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会