電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-01-22 17:45
視聴覚刺激を用いた仕掛けが入店行動に及ぼす影響
廣本 嶺小川泰隆阪大)・山根承子近畿大)・松村真宏阪大
抄録 (和) POP(Point-of-Purchase)広告に関する研究は多数行われ, POPの存在が売上に対して有効に働く可能性が認められている. しかし, それらの研究は主に消費者の「購買」行動に注目していた. そこで本論では, POPが消費者の「入店」行動に与える影響力について調査するために, 以下の2種類のPOPを用いて比較実験を行った. 1つは, 動きと音を伴うPOPを, もう1つは, 動きを伴わず音も発しないPOPを用いた. データは通行者の属性や反応をグループごとに観察することで収集した. その結果, 動きと音を伴うPOPには, 特に女児がいるグループの入店可能性を高める傾向があると分かった. 
(英) Previous studies on the effect of POP (Point-of-Purchase) advertisement mainly focused on customers' "purchase" behavior. In this paper, we investigate the effect of POP on customers' "store visiting" behavior. We conducted an experiment with two types of POPs: 1) a POP with a movement and a sound, and 2) a static and silent POP. We observed the behaviors of passers-by, and revealed that a group with a girl, tended to increase the possibility of store visiting behavior.
キーワード (和) PoP広告 / 入店行動 / 購買プロセス / 視聴覚刺激 / プロモーション / / /  
(英) PoP advertising / Store Visting Behavior / Consumer Buying Decision Process / Audio-Visual stimulation / Promotion / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 418, HCS2015-70, pp. 67-72, 2016年1月.
資料番号 HCS2015-70 
発行日 2016-01-15 (HCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
査読に
ついて
本技術報告は査読を経ていない技術報告であり,推敲を加えられていずれかの場に発表されることがあります.

研究会情報
研究会 HCS  
開催期間 2016-01-22 - 2016-01-23 
開催地(和) やまと会議室(奈良市) 
開催地(英) Yamato Kaigishitsu 
テーマ(和) コミュニケーションの心理とライフステージ、および一般 
テーマ(英) Psychology and Life-stage of Communication, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 HCS 
会議コード 2016-01-HCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 視聴覚刺激を用いた仕掛けが入店行動に及ぼす影響 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Effect of Audio-Visual "Shikake" on Store Visiting Behavior 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) PoP広告 / PoP advertising  
キーワード(2)(和/英) 入店行動 / Store Visting Behavior  
キーワード(3)(和/英) 購買プロセス / Consumer Buying Decision Process  
キーワード(4)(和/英) 視聴覚刺激 / Audio-Visual stimulation  
キーワード(5)(和/英) プロモーション / Promotion  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 廣本 嶺 / Ryo Hiromoto / ヒロモト リョウ
第1著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 小川 泰隆 / Yasutaka Ogawa / オガワ ヤスタカ
第2著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 山根 承子 / Shoko Yamane / ヤマネ ショウコ
第3著者 所属(和/英) 近畿大学 (略称: 近畿大)
Kinki University (略称: Kinki Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 松村 真宏 / Naohiro Matsumura / マツムラ ナオヒロ
第4著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-01-22 17:45:00 
発表時間 30 
申込先研究会 HCS 
資料番号 IEICE-HCS2015-70 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.418 
ページ範囲 pp.67-72 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-HCS-2016-01-15 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会