電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-01-22 11:15
同時マルチプルアクセスにおけるBluetooth LEデバイス探索プロトコルの特性評価
松尾友介梅原大祐京都工繊大)・村田英一京大)・田野 哲岡山大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) Bluetooh BR/EDR (Basic Rate/Enhanced Data Rate)では,スレーブをマスタに収容するためのデバイス探索に要する多大なエネルギー消費量が課題とされてきた.そこで,Bluetooh LE (Low Energy)では,デバイス探索に要するエネルギー消費量を削減するための新たなデバイス探索プロトコルが採用されている.しかしながら,新たなデバイス探索プロトコルに要するデバイス探索時間及び消費エネルギーに関する解析はいまだに十分ではない.本稿では,マスタに複数のスレーブを同時に収容するときのBluetooth LEデバイス探索の特性を確率的モデル検査ツールPRISMを用いて評価する. 
(英) Bluetooth BR/EDR (Basic Rate/Enhanced Data Rate) has a technical issue on energy consumption when slaves join the network with a master.On the other hand, Bluetooth LE (Low Energy) has developed a new device discovery protocol to reduce the energy consumption in device discovery.However, it is not sufficient to analyze the device discovery time and the consumed energy for the device discovery protocol.In this manuscript, we evaluate the performances in Bluetooth LE device discovery when one or more slaves join the network with a master simultaneously using the probabilistic model checking tool, PRISM.
キーワード (和) Bluetooth LE / デバイス探索時間 / 消費エネルギー / 確率的モデル検査 / PRISM / / /  
(英) Bluetooth LE / device dicovery time / energy consumption / probabilistic model checking / PRISM / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 406, CS2015-83, pp. 61-66, 2016年1月.
資料番号 CS2015-83 
発行日 2016-01-14 (CS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
査読に
ついて
本技術報告は査読を経ていない技術報告であり,推敲を加えられていずれかの場に発表されることがあります.

研究会情報
研究会 CS OCS  
開催期間 2016-01-21 - 2016-01-22 
開催地(和) 鹿児島大学 稲盛アカデミー(郡元キャンパス) 
開催地(英) Kagoshima University, Korimoto Campus, Inamori Auditorium 
テーマ(和) コア・メトロシステム,海底伝送システム,光アクセスシステム・次世代PON,イーサネット,光伝達網 (OTN),伝送監視制御,光伝送システム設計・ツール,モバイル光連携,ブロードバンドアクセス方式,光映像配信,一般 
テーマ(英) Network Core/Metro Systems, Submarine Transmission Systems, Optical Access Systems/Next Generation PON, Ethernet, Optical Transport Network (OTN), Transmission Monitoring and Supervisory Control, Optical Transmission System Design/Tools, Mobile Optical Network 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CS 
会議コード 2016-01-CS-OCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 同時マルチプルアクセスにおけるBluetooth LEデバイス探索プロトコルの特性評価 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Performance Evaluation of Bluetooth LE Device Discovery on Simultaneous Multiple Access 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) Bluetooth LE / Bluetooth LE  
キーワード(2)(和/英) デバイス探索時間 / device dicovery time  
キーワード(3)(和/英) 消費エネルギー / energy consumption  
キーワード(4)(和/英) 確率的モデル検査 / probabilistic model checking  
キーワード(5)(和/英) PRISM / PRISM  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 松尾 友介 / Yusuke Matsuo / マツオ ユウスケ
第1著者 所属(和/英) 京都工芸繊維大学 (略称: 京都工繊大)
Kyoto Institute of Technology (略称: Kyoto Inst. of Tech.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 梅原 大祐 / Disuke Umehara / ウメハラ ダイスケ
第2著者 所属(和/英) 京都工芸繊維大学 (略称: 京都工繊大)
Kyoto Institute of Technology (略称: Kyoto Inst. of Tech.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 村田 英一 / Hidekazu Murata / ヒデカズ ムラタ
第3著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 田野 哲 / Satoshi Denno /
第4著者 所属(和/英) 岡山大学 (略称: 岡山大)
Okayama University (略称: Okayama Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-01-22 11:15:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CS 
資料番号 IEICE-CS2015-83 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.406 
ページ範囲 pp.61-66 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CS-2016-01-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会