お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-01-21 16:20
[奨励講演]既存の冗長化IPネットワークとSDNの接続方式 ~ SDNへのL3機能の効果的な適用 ~
古谷信司大松史生三菱電機ICM2015-32 LOIS2015-54
抄録 (和) SDN (Software Defined Network)の導入が本格化してきているが,企業内データセンタなどのネットワークの一部をSDN化して,まず課題の洗い出しなどを行い,その結果を踏まえて次の展開を行うのが最もリスクの少ないやり方である. このような場合,L3レベルで冗長構成を取る既存ネットワークとSDNの接続が必須となるが,SDNコントローラがL3機能に十分に対応していないことが多く,試用目的で安価に,適用工事も最小限に,簡単に適用する環境が十分とは言えない状況が続いている. そこで本研究では,検証や開発が最小限となるL3機能適用方式を検討した. 既存のルータをSDNに配置し,当該ルータの性能を抑えるため,通信パケットはコネクション確立時の初期パケット以外は当該ルータを通過しないようにするものである. SDNコントローラのQoSなどの機能との連携に課題があるものの,L3機能の適用という意味では有望である. 
(英) As SDN(Software Defined Network) controllers and switch appliances are released by major network vendors, SDN has been practically introduced to enterprise networks. For the enterprises, it is probably most safe process that they introduce SDN to a part of their network, test & check it and make a decision on next deployment in their networks. In such case, remained legacy IP networks which have redundancy on Layer 3 must be connected with the introduced SDN. But it seems that SDNs don’t have enough Layer 3 functions yet. So we verified the connection and found a solution in which legacy router appliances are applied in the SDN and the almost of communication data packets are not pass through the routers. This solution is probably not enough to support SDN Controllers’ additional functions, but is very useful for application of Layer 3 functions to SDNs at low cost and easily.
キーワード (和) SDN / 動的ルーティング / 既存ネットワーク / OpenFlow / L3機能 / / /  
(英) SDN / Layer 3 Functions / Legacy Network / OpenFlow / Dynamic Routing Protocol / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 409, ICM2015-32, pp. 37-40, 2016年1月.
資料番号 ICM2015-32 
発行日 2016-01-14 (ICM, LOIS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード ICM2015-32 LOIS2015-54

研究会情報
研究会 ICM LOIS  
開催期間 2016-01-21 - 2016-01-22 
開催地(和) 福岡工業大学 
開催地(英) Fukuoka Institute of Technology 
テーマ(和) ライフログ活用技術,オフィス情報システム,ビジネス管理,一般 
テーマ(英) Practical Use of Lifelog, Office Information System, Business Management, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 ICM 
会議コード 2016-01-ICM-LOIS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 既存の冗長化IPネットワークとSDNの接続方式 
サブタイトル(和) SDNへのL3機能の効果的な適用 
タイトル(英) A method for connecting SDN with redundant legacy IP network 
サブタイトル(英) Efficient application of Layer 3 functions to SDNs 
キーワード(1)(和/英) SDN / SDN  
キーワード(2)(和/英) 動的ルーティング / Layer 3 Functions  
キーワード(3)(和/英) 既存ネットワーク / Legacy Network  
キーワード(4)(和/英) OpenFlow / OpenFlow  
キーワード(5)(和/英) L3機能 / Dynamic Routing Protocol  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 古谷 信司 / Shinji Furuya / フルヤ シンジ
第1著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric Corp.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大松 史生 / Fumio Ohmatsu / オオマツ フミオ
第2著者 所属(和/英) 三菱電機株式会社 (略称: 三菱電機)
Mitsubishi Electric Corporation (略称: Mitsubishi Electric Corp.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-01-21 16:20:00 
発表時間 25 
申込先研究会 ICM 
資料番号 IEICE-ICM2015-32,IEICE-LOIS2015-54 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.409(ICM), no.410(LOIS) 
ページ範囲 pp.37-40 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-ICM-2016-01-14,IEICE-LOIS-2016-01-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会