お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年10月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-01-21 10:30
再構成可能アクセラレータにおける中間粒度ボディバイアス制御を用いた電力最適化
松下悠亮奥原 颯増山滉一郎藤田 悠天野英晴慶大VLD2015-101 CPSY2015-133 RECONF2015-83
抄録 (和) 国家プロジェクトLEAP によって低消費電力で高効率な処理を行うデバイス・SOTB(Sillcon-On-ThinBox)-CMOS が開発された。SOTB-MOSFET では基板バイアスを制御することにより、電力と速度のトレードオフを取ることが出来る。本稿では、粗粒度再構成可能アクセラレータCool Mega Array に、この基板バイアス制御を適用する手法に関して検討を行う。今までのCMA ではPE-Array 全体で同じ基板バイアスを印加することで制御してきたが全PE に同じバイアスが掛かるため、細かい制御が出来なかった。そこで、本研究では基板バイアス制御のドメイン分割を仮定し、PE1 つずつ,2 つずつといった粒度での制御を行う。ドメインの分割数を増やすと、クリティカルパス上にないPE の基板バイアスを制御して電力を節約できる機会が増える一方で、分割のための面積オーバーヘッドが生じる。よって、どの粒度が一番効率良くリーク電力を削減できるかを求める。遺伝的アルゴリズムにより、PEへの基板バイアスの求めた結果、PE 単位で分割した場合、基板バイアスを全体でゼロバイアスに統一した時と比較して、面積オーバヘッド8.6%に対してリーク電力を平均50%近く削減することが出来ることが明らかになった。また要求性能が高くなるほどリーク電力をより多く削減できることが明らかになった。 
(英) (Available after conference date)
キーワード (和) SOTB / 低電力 / リコンフィギュラブル / アクセラレータ / CGRA / 基板バイアス制御 / /  
(英) / / / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 399, CPSY2015-133, pp. 185-190, 2016年1月.
資料番号 CPSY2015-133 
発行日 2016-01-12 (VLD, CPSY, RECONF) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード VLD2015-101 CPSY2015-133 RECONF2015-83

研究会情報
研究会 VLD CPSY RECONF IPSJ-SLDM IPSJ-ARC  
開催期間 2016-01-19 - 2016-01-21 
開催地(和) 慶應義塾大学 日吉キャンパス 
開催地(英) Hiyoshi Campus, Keio University 
テーマ(和) FPGA応用および一般 
テーマ(英) FPGA Applications, etc 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CPSY 
会議コード 2016-01-VLD-CPSY-RECONF-SLDM-ARC 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 再構成可能アクセラレータにおける中間粒度ボディバイアス制御を用いた電力最適化 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Power Optimization of a Reconfigurable Accelerator by Middle-grained Body Bias Control 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) SOTB /  
キーワード(2)(和/英) 低電力 /  
キーワード(3)(和/英) リコンフィギュラブル /  
キーワード(4)(和/英) アクセラレータ /  
キーワード(5)(和/英) CGRA /  
キーワード(6)(和/英) 基板バイアス制御 /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 松下 悠亮 / Yusuke Matsushita / マツシタ ユウスケ
第1著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio Univercity (略称: Keio Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 奥原 颯 / Hayate Okuhara / オクハラ ハヤテ
第2著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio Univercity (略称: Keio Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 増山 滉一郎 / Koichiro Masuyama / マスヤマ コウイチロウ
第3著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio Univercity (略称: Keio Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 藤田 悠 / Yu Fujita / フジタ ユウ
第4著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio Univercity (略称: Keio Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 天野 英晴 / Hideharu Amano / アマノ ヒデハル
第5著者 所属(和/英) 慶應義塾大学 (略称: 慶大)
Keio Univercity (略称: Keio Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-01-21 10:30:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CPSY 
資料番号 IEICE-VLD2015-101,IEICE-CPSY2015-133,IEICE-RECONF2015-83 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.398(VLD), no.399(CPSY), no.400(RECONF) 
ページ範囲 pp.185-190 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-VLD-2016-01-12,IEICE-CPSY-2016-01-12,IEICE-RECONF-2016-01-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会