電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-01-21 14:05
モバイル網を利用した遠隔無人機制御のためのスパイク遅延回避法の検討
小倉雅樹中村僚兵葉玉寿弥防衛大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) 無人機の新たな利用価値が注目されており、適用領域が拡大している。遠隔制御型の無人機は信号伝送のために通信リンクが必要であり、低コストかつ広いエリアで利用可能なモバイル網を利用することが有望である。モバイル網では伝送遅延やパケットロスの増加などの通信品質が劣化しやすく、これらを克服する必要がある。特に、スパイク遅延により受信映像が一時的に停止することはリアルタイムな無人機制御を困難にさせる。スパイク遅延に対しては、これまでジッタバッファの長さやパケットサイズあるいは送信間隔を制御して発生を抑制する方法が研究されてきた。本稿では、無人機を複数のモバイル網に接続して、スパイク遅延の発生状況に応じて利用するモバイル網を適応的に切り替える技術を提案する。実際のLTE網を利用した映像伝送実験により、スパイク遅延による映像の停止頻度を低減できることを示す。 
(英) vehicles (UVs) are expected to be useful tools in various fields, and their applications are widely spreading to diverse areas. Remote-controlled UVs need reliable and small delay communication links for transmitting various signals between the UVs and control stations. We think that a mobile network, which is widely available for mobile phone communications with an affordable cost, is a potential candidate to provide such a communication link. To realize it, we have to overcome degradation in communication quality of IP packet transmissions over a mobile network. We focus on video signal transmission from a UV to a control station. Video transmission quality suffers degradation by both transmission delay and loss of IP packets. Especially, delay spikes which often occur in mobile networks significantly disturb UV controls. Because a delay spike causes freeze of the moving video by interrupting continuous transmission of IP packets of a video signal. In this paper, we propose a technique to overcome delay spikes. The technique uses multiple mobile networks and adaptively switches a video stream from a mobile network to other one. We carried out video transmission experiments using two real LTE networks. Our result shows effectiveness of the proposal to reduce of freezing frequency of a video.
キーワード (和) 無人機制御 / 遠隔制御 / リアルタイム通信 / モバイル網 / スパイク遅延 / / /  
(英) Unmanned Vehicle control / remote control / real-time communication / mobile networks / delay spikes / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 406, CS2015-79, pp. 37-42, 2016年1月.
資料番号 CS2015-79 
発行日 2016-01-14 (CS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
査読に
ついて
本技術報告は査読を経ていない技術報告であり,推敲を加えられていずれかの場に発表されることがあります.

研究会情報
研究会 CS OCS  
開催期間 2016-01-21 - 2016-01-22 
開催地(和) 鹿児島大学 稲盛アカデミー(郡元キャンパス) 
開催地(英) Kagoshima University, Korimoto Campus, Inamori Auditorium 
テーマ(和) コア・メトロシステム,海底伝送システム,光アクセスシステム・次世代PON,イーサネット,光伝達網 (OTN),伝送監視制御,光伝送システム設計・ツール,モバイル光連携,ブロードバンドアクセス方式,光映像配信,一般 
テーマ(英) Network Core/Metro Systems, Submarine Transmission Systems, Optical Access Systems/Next Generation PON, Ethernet, Optical Transport Network (OTN), Transmission Monitoring and Supervisory Control, Optical Transmission System Design/Tools, Mobile Optical Network 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 CS 
会議コード 2016-01-CS-OCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) モバイル網を利用した遠隔無人機制御のためのスパイク遅延回避法の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) A technique to overcome delay spikes for unmanned vehicle control over mobile networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 無人機制御 / Unmanned Vehicle control  
キーワード(2)(和/英) 遠隔制御 / remote control  
キーワード(3)(和/英) リアルタイム通信 / real-time communication  
キーワード(4)(和/英) モバイル網 / mobile networks  
キーワード(5)(和/英) スパイク遅延 / delay spikes  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 小倉 雅樹 / Masaki Ogura / オグラ マサキ
第1著者 所属(和/英) 防衛大学校 (略称: 防衛大)
National Defense Academy of Japan (略称: NDA)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 中村 僚兵 / Ryohei Nakamura / ナカムラ リョウヘイ
第2著者 所属(和/英) 防衛大学校 (略称: 防衛大)
National Defense Academy of Japan (略称: NDA)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 葉玉 寿弥 / Hisaya Hadama / ハダマ ヒサヤ
第3著者 所属(和/英) 防衛大学校 (略称: 防衛大)
National Defense Academy of Japan (略称: NDA)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-01-21 14:05:00 
発表時間 25 
申込先研究会 CS 
資料番号 IEICE-CS2015-79 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.406 
ページ範囲 pp.37-42 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-CS-2016-01-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会