電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-01-21 13:25
The Declarative-Coordinated Model for Self-Optimization of Service Networks
Marat ZhanikeevKyutechNS2015-148
抄録 (和) NGN statement on e2e network performance froze in 2008 with the Y.2173 (former Y.mnm) standard which specified a method for coordination across domains, involving active probing, parsing and sharing results, etc. Today, it is widely accepted that future network functions is to be virtualized and controlled by software. However, virtual switches -- the best models of which to the day are based on MiniOS/ClickOS/ClickRouter designs -- mimic the blackboxing policy found in clouds. This paper shows that if this policy is revoked in favor of declarative coordination, complexity for optimization of overlaying service networks can be substantially reduced. The proposed case is represented by domains declaring their resources/capabilities (e.g. e2e throughput and delay) openly, thus allowing service networks to coordinate among each other. Traditional approach is represented by the VNE optimization problem. 
(英) NGN statement on e2e network performance froze in 2008 with the Y.2173 (former Y.mnm) standard which specified a method for coordination across domains, involving active probing, parsing and sharing results, etc. Today, it is widely accepted that future network functions is to be virtualized and controlled by software. However, virtual switches -- the best models of which to the day are based on MiniOS/ClickOS/ClickRouter designs -- mimic the blackboxing policy found in clouds. This paper shows that if this policy is revoked in favor of declarative coordination, complexity for optimization of overlaying service networks can be substantially reduced. The proposed case is represented by domains declaring their resources/capabilities (e.g. e2e throughput and delay) openly, thus allowing service networks to coordinate among each other. Traditional approach is represented by the VNE optimization problem.
キーワード (和) virtual network embedding / VNE / network coordination / performance optimization / autonomy / virtual networks / /  
(英) virtual network embedding / VNE / network coordination / performance optimization / autonomy / virtual networks / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 404, NS2015-148, pp. 13-16, 2016年1月.
資料番号 NS2015-148 
発行日 2016-01-14 (NS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード NS2015-148

研究会情報
研究会 NS  
開催期間 2016-01-21 - 2016-01-22 
開催地(和) 博多バスターミナル 貸ホール 
開催地(英)  
テーマ(和) NWソフトウエア(ソフトウエアアーキテクチャ,ミドルウエア),NWアプリケーション,SOA/SDP,NGN/IMS/API,分散制御・ダイナミックルーチング,グリッド,NW及びシステム信頼性,NW及びシステム評価,一般 
テーマ(英)  
講演論文情報の詳細
申込み研究会 NS 
会議コード 2016-01-NS 
本文の言語 英語 
タイトル(和)  
サブタイトル(和)  
タイトル(英) The Declarative-Coordinated Model for Self-Optimization of Service Networks 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) virtual network embedding / virtual network embedding  
キーワード(2)(和/英) VNE / VNE  
キーワード(3)(和/英) network coordination / network coordination  
キーワード(4)(和/英) performance optimization / performance optimization  
キーワード(5)(和/英) autonomy / autonomy  
キーワード(6)(和/英) virtual networks / virtual networks  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) ザニケエフ マラット / Marat Zhanikeev / ザニケエフ マラット
第1著者 所属(和/英) 九州工業大学 (略称: 九工大)
Kyushu Institute of Technology (略称: Kyutech)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第2著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第3著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第4著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-01-21 13:25:00 
発表時間 25 
申込先研究会 NS 
資料番号 IEICE-NS2015-148 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.404 
ページ範囲 pp.13-16 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-NS-2016-01-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会