電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-01-21 11:00
リンク容量増大とノードハードウェア規模削減を同時達成する光ネットワークアーキテクチャ
寺田佑貴森 洋二郎長谷川 浩佐藤健一名大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) インターネットトラフィックの急増を背景に,光ネットワークの低コスト化はますます重要な課題となっている.本稿では,必要となるファイバ数と光ノードを構成する波長選択スイッチ数を同時に削減する光ネットワーク構成法を提案する.シミュレーションによって必要となるファイバ数を20%,波長選択スイッチ数を80%削減できることを示す. 
(英) Due to the rapid traffic growth, cost reduction of optical network becomes more and more important issue. In this paper, we propose a novel network architecture that can reduce necessary fiber and WSS number simultaneously. Network design simulation demonstrates that necessary fiber number can be reduced 20%, while necessary WSS number can be reduced 80%.
キーワード (和) 光パスネットワーク / ネットワーク設計 / 波長選択スイッチ / 帯域狭窄化 / Grouped Routing / / /  
(英) Optical path network / Network design / Wavelength Selective Switch / Filter narrowing effect / Grouped Routing / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 407, OCS2015-89, pp. 7-12, 2016年1月.
資料番号 OCS2015-89 
発行日 2016-01-14 (OCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
査読に
ついて
本技術報告は査読を経ていない技術報告であり,推敲を加えられていずれかの場に発表されることがあります.

研究会情報
研究会 CS OCS  
開催期間 2016-01-21 - 2016-01-22 
開催地(和) 鹿児島大学 稲盛アカデミー(郡元キャンパス) 
開催地(英) Kagoshima University, Korimoto Campus, Inamori Auditorium 
テーマ(和) コア・メトロシステム,海底伝送システム,光アクセスシステム・次世代PON,イーサネット,光伝達網 (OTN),伝送監視制御,光伝送システム設計・ツール,モバイル光連携,ブロードバンドアクセス方式,光映像配信,一般 
テーマ(英) Network Core/Metro Systems, Submarine Transmission Systems, Optical Access Systems/Next Generation PON, Ethernet, Optical Transport Network (OTN), Transmission Monitoring and Supervisory Control, Optical Transmission System Design/Tools, Mobile Optical Network 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 OCS 
会議コード 2016-01-CS-OCS 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) リンク容量増大とノードハードウェア規模削減を同時達成する光ネットワークアーキテクチャ 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Novel Optical Network Architecture that Achieves Link Capacity Enhancement and Node Hardware Reduction 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 光パスネットワーク / Optical path network  
キーワード(2)(和/英) ネットワーク設計 / Network design  
キーワード(3)(和/英) 波長選択スイッチ / Wavelength Selective Switch  
キーワード(4)(和/英) 帯域狭窄化 / Filter narrowing effect  
キーワード(5)(和/英) Grouped Routing / Grouped Routing  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 寺田 佑貴 / Yuki Terada / テラダ ユウキ
第1著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 森 洋二郎 / Yojiro Mori / モリ ヨウジロウ
第2著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 長谷川 浩 / Hiroshi Hasegawa / ハセガワ ヒロシ
第3著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 健一 / Ken-ichi Sato / サトウ ケンイチ
第4著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nagoya University (略称: Nagoya Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-01-21 11:00:00 
発表時間 25 
申込先研究会 OCS 
資料番号 IEICE-OCS2015-89 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.407 
ページ範囲 pp.7-12 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-OCS-2016-01-14 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会