電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-01-20 13:05
7T-MRIを用いたヒト胎児期初期における鼻中隔および前鼻棘成長過程の解析
勝部元紀山田重人上部千賀子巻島美幸大坂美穂釜谷美翔子宮崎伶菜山口 豊森本直記西村 剛今井宏彦松田哲也京大)・伊藤 毅琉球大)・鈴木茂彦京大MI2015-127
抄録 (和) 外鼻形態形成に影響を与える構造物として大鼻翼軟骨や鼻中隔軟骨,前鼻棘などが挙げられ,特に前鼻棘はヒト特有の構造物であるが,今まで研究対象とされることはほとんどなかった.今回,京都大学大学院医学研究科附属先天異常標本解析センター所蔵の胎児期初期標本32体(CRL22~86mm)に対して前臨床7T MR system にてMRIを撮影し,胎児期の鼻中隔およびANSの形態形成について解析した.正中矢状断面上においてセファロ分析を施行するも,鼻中隔の形態解析には不十分であったためGeometric morphometricsの手法を用いた.胎児初期において鼻中隔は主に,前方に成長しており,その成長とともにANSが形成されることがわかった. 
(英) The development of the great alar cartilage, the nasal septum, and the anterior nasal spine (ANS) contribute to morphogenesis of human nose. Among them, the ANS is specific structure for humans, but however, few reports have referred to the ANS. Human fetal specimens stored at Congenital anomaly research center of Kyoto University were used for this study, and 32 specimens ranging from 22 to 86 mm in crown-ramp-length (CRL) were selected suitable in size for the imaging with 7 Tesla preclinical magnetic resonance (MR) system. They were analyzed in mid-sagittal plane with cephalometric analysis, but it was not sufficient to understand the allometic shape change of nasal septum. Therefore, we have applied geometric morphometrics to the analysis. Our data indicates that nasal septum growth goes mainly forward and causes the ANS development simultaneously during early fetal period in humans.
キーワード (和) 7T MRI / 前鼻棘 / ヒト胎児 / 鼻中隔 / 幾何学的形態測定学 / / /  
(英) 7T MRI / Anterior Nasal Spine / Human Fetus / Geometric Morphometrics / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 401, MI2015-127, pp. 263-266, 2016年1月.
資料番号 MI2015-127 
発行日 2016-01-12 (MI) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MI2015-127

研究会情報
研究会 MI  
開催期間 2016-01-19 - 2016-01-20 
開催地(和) 那覇市ぶんかテンブス館 
開催地(英) Bunka Tenbusu Kan 
テーマ(和) 医用画像一般 
テーマ(英) General topics in medical imaging 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MI 
会議コード 2016-01-MI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 7T-MRIを用いたヒト胎児期初期における鼻中隔および前鼻棘成長過程の解析 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) The fetal development of the nasal septum and the anterior nasal spine in humans using 7 Tesla magnetic resonance imaging 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 7T MRI / 7T MRI  
キーワード(2)(和/英) 前鼻棘 / Anterior Nasal Spine  
キーワード(3)(和/英) ヒト胎児 / Human Fetus  
キーワード(4)(和/英) 鼻中隔 / Geometric Morphometrics  
キーワード(5)(和/英) 幾何学的形態測定学 /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 勝部 元紀 / Motoki Katsube / カツベ モトキ
第1著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 山田 重人 / Shigehito Yamada / ヤマダ シゲヒト
第2著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 上部 千賀子 / Chikako Uwabe / ウワベ チカコ
第3著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 巻島 美幸 / Haruyuki Makishima / マキシマ ハルユキ
第4著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 大坂 美穂 / Miho osaka / オオサカ ミホ
第5著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 釜谷 美翔子 / Mikako Kamatani / カマタニ ミカコ
第6著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 宮崎 伶菜 / Rena Miyazaki / ミヤザキ レナ
第7著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 山口 豊 / Yutaka Yamaguchi / ヤマグチ ユタカ
第8著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) 森本 直記 / Naoki Morimoto / モリモト ナオキ
第9著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) 西村 剛 / Takeshi Nishimura / ニシムラ タケシ
第10著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) 今井 宏彦 / Hirohiko Imai / イマイ ヒロヒコ
第11著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) 松田 哲也 / Tetsuya Matsuda / マツダ テツヤ
第12著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊藤 毅 / Tsuyoshi ito / イトウ ツヨシ
第13著者 所属(和/英) 琉球大学 (略称: 琉球大)
Ryukyu University (略称: Ryukyu Univ.)
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) 鈴木 茂彦 / Shigehiko Suzuki / スズキ シゲヒコ
第14著者 所属(和/英) 京都大学 (略称: 京大)
Kyoto University (略称: Kyoto Univ.)
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-01-20 13:05:00 
発表時間 40 
申込先研究会 MI 
資料番号 IEICE-MI2015-127 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.401 
ページ範囲 pp.263-266 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-MI-2016-01-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会