電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-01-20 09:32
Dual-energy CT画像からの特徴抽出に基づく肝内胆管領域自動抽出
陳 鵬飛田中 寛小田昌宏林 雄一郎伊神 剛梛野正人森 健策名大
技報オンラインサービス実施中
抄録 (和) (まだ登録されていません) 
(英) In this paper, we present our feasibility study on the intrahepatic bile duct (IHBD) extraction using dual-energy CT (DECT) volumes. We used the biliary dilation cases for this study. Compared with single energy CT (SECT), information contained in the volumes, i.e. CT values, increases in DECT. We expect that IHBD extraction performances improve by using the DECT volumes. We present a preliminary study of our IHBD extraction by using DECT volumes. As for the extraction process, we used the SVM classifier that utilizes CT values and local intensity structure analysis results as feature values. With lower-energy (100 kVp) volume being denoted by A and higher-energy (140 kVp) volume by B, the feature values we used include the CT values of A and B, and the eigenvalues of multiscale Hessian matrix from the CT volumes of A and B. The difference and effectiveness of these features and their combinations, were tested independently through our experiments. The extraction results were good despite the simplicity of the method, therefore, we believed the utilization of DECT for biliary tract extraction is promising.
キーワード (和) / / / / / / /  
(英) Intrahepatic biliary duct extraction / Dual-energy CT / Abdominal contrast-enhanced / Machine learning / SVM / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 401, MI2015-112, pp. 187-192, 2016年1月.
資料番号 MI2015-112 
発行日 2016-01-12 (MI) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380

研究会情報
研究会 MI  
開催期間 2016-01-19 - 2016-01-20 
開催地(和) 那覇市ぶんかテンブス館 
開催地(英) Bunka Tenbusu Kan 
テーマ(和) 医用画像一般 
テーマ(英) General topics in medical imaging 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MI 
会議コード 2016-01-MI 
本文の言語 英語(日本語タイトルあり) 
タイトル(和) Dual-energy CT画像からの特徴抽出に基づく肝内胆管領域自動抽出 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Automatic extraction of intrahepatic bile duct based on features from dual-energy CT images 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) / Intrahepatic biliary duct extraction  
キーワード(2)(和/英) / Dual-energy CT  
キーワード(3)(和/英) / Abdominal contrast-enhanced  
キーワード(4)(和/英) / Machine learning  
キーワード(5)(和/英) / SVM  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 陳 鵬飛 / Pengfei Chen / チン ホウヒ
第1著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nogoya University (略称: Nogoya Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 田中 寛 / Hiroshi Tanaka / タナカ ヒロシ
第2著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nogoya University (略称: Nogoya Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 小田 昌宏 / Masahiro Oda / マサヒロ オダ
第3著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nogoya University (略称: Nogoya Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 林 雄一郎 / Yuichiro Hayashi / ハヤシ ユウイチロウ
第4著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nogoya University (略称: Nogoya Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 伊神 剛 / Tsuyoshi Igami / イガミ ツヨシ
第5著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nogoya University (略称: Nogoya Univ.)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 梛野 正人 / Masato Nagino / ナギノ マサト
第6著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nogoya University (略称: Nogoya Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 森 健策 / Kensaku Mori / モリ ケンサク
第7著者 所属(和/英) 名古屋大学 (略称: 名大)
Nogoya University (略称: Nogoya Univ.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-01-20 09:32:00 
発表時間 12 
申込先研究会 MI 
資料番号 IEICE-MI2015-112 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.401 
ページ範囲 pp.187-192 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MI-2016-01-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会