電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-01-20 14:50
大規模患者データベースにおける骨盤傾斜角測定を目的とした2D-3Dレジストレーション手法の検討
児山昂生大竹義人奈良先端大)・上村圭亮阪大)・日朝祐太横田 太奈良先端大)・高尾正樹小川 剛菅野伸彦阪大)・佐藤嘉伸奈良先端大MI2015-140
抄録 (和) 人工股関節置換手術においては,立位と仰臥位の間の姿勢変化に伴う骨盤傾斜角の変化がインプラントの至適設置角度に影響を及ぼす重要な因子となる.臨床で広く用いられるX線投影画像の大規模な患者データに対して,骨盤傾斜角の計測を行うことができれば,症例ごとや年齢ごとの傾向が得られ,手術計画に役立つと考える.そこで本研究では,立位のX線投影画像と仰臥位のCT画像の大規模患者データを対象にした骨盤傾斜角の計測を目的とする.骨盤傾斜角の測定には,2D-3Dレジストレーションを用いる.本論文では,その初期的検討として,2D-3Dレジストレーションアルゴリズムの精度およびロバスト性の検証実験を行い,人工股関節全置換術対象患者49症例の骨盤傾斜角測定の検証結果を報告する. 
(英) In surgical planning of total hip arthroplasty(THA), changes in the pelvic flexion angle from supine to standing position is the important factor which has an influence on the optimum installation angle of the hip implant. Measurement of the pelvic flexion on a large-scale cohort from the X-ray projection images may provide useful information for THA planning. The purpose of this study is to measure the pelvic flexion from an X-ray projection image and a CT image using the 2D-3D registration method. In this paper, we report an evaluation result of our registration algorithm on 49 patients.
キーワード (和) 2D-3Dレジストレーション / 骨盤傾斜角 / 大規模患者データ / / / / /  
(英) 2D-3D Registration / pelvic flection / large scale cohort / / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 401, MI2015-140, pp. 331-336, 2016年1月.
資料番号 MI2015-140 
発行日 2016-01-12 (MI) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MI2015-140

研究会情報
研究会 MI  
開催期間 2016-01-19 - 2016-01-20 
開催地(和) 那覇市ぶんかテンブス館 
開催地(英) Bunka Tenbusu Kan 
テーマ(和) 医用画像一般 
テーマ(英) General topics in medical imaging 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MI 
会議コード 2016-01-MI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 大規模患者データベースにおける骨盤傾斜角測定を目的とした2D-3Dレジストレーション手法の検討 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) 2D-3D registration for measurement of pelvic flexion angle on a large-scale cohort database 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 2D-3Dレジストレーション / 2D-3D Registration  
キーワード(2)(和/英) 骨盤傾斜角 / pelvic flection  
キーワード(3)(和/英) 大規模患者データ / large scale cohort  
キーワード(4)(和/英) /  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 児山 昂生 / Koki Koyama / コヤマ コウキ
第1著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大竹 義人 / Yoshito Otake / オオタケ ヨシト
第2著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 上村 圭亮 / Keisuke Uemura / ウエムラ ケイスケ
第3著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 日朝 祐太 / Yuta Hiasa / ヒアサ ユウタ
第4著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) 横田 太 / Futoshi Yokota / ヨコタ フトシ
第5著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) 高尾 正樹 / Masaki Takao / タカオ マサキ
第6著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) 小川 剛 / Takeshi Ogawa / オガワ タケシ
第7著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) 菅野 伸彦 / Nobuhiko Sugano / スガノ ノブヒコ
第8著者 所属(和/英) 大阪大学 (略称: 阪大)
Osaka University (略称: Osaka Univ.)
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) 佐藤 嘉伸 / Yoshinobu Sato / サトウ ヨシノブ
第9著者 所属(和/英) 奈良先端科学技術大学院大学 (略称: 奈良先端大)
Nara Institute of Science and Technology (略称: NAIST)
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-01-20 14:50:00 
発表時間 12 
申込先研究会 MI 
資料番号 IEICE-MI2015-140 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.401 
ページ範囲 pp.331-336 
ページ数 IEICE-6 
発行日 IEICE-MI-2016-01-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会