お知らせ 研究会の開催と会場に参加される皆様へのお願い(2020年7月開催~)
電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
[ログイン]
技報アーカイブ
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-01-19 10:10
Group Shuffled BP復号法のLocal Girthを考慮したグループ分割手法の提案
吉田恭平森田啓義眞田亜紀子立川隆一電通大IT2015-79 SIP2015-93 RCS2015-311
抄録 (和) 近年,優れた誤り訂正能力を示す低密度パリティ検査(LDPC)符号が注目されている.LDPC符号はTanner Graphと呼ばれるグラフを用いて復号を行うが,改良手法として,変数ノード集合を複数のグループに分割することで効率よく処理するGroup Shuffled BP(GSBP)復号法が研究されている.本稿では,変数ノードのLocal Girthを考慮したグループ分割方法を用いたGSBP復号法を提案し,その性能を評価する. 
(英) The Low-Density Parity-Check(LDPC) codes exhibit good performance by the Belief Propagation (BP) decoding. The Group Shuffled Belief Propagation decoding, which is an extension of the BP decoding, can exhibit better performance than BP decoding by partitioning variable nodes in a Tanner graph into suitable groups. In this paper, we propose a new grouping scheme based on local girths of variable nodes.
キーワード (和) LDPC符号 / BP復号法 / GSBP復号法 / Local Girth / / / /  
(英) LDPC code / Belief Propagation Decoding / Group Shuffled Belief Propagation Decoding / Local Girth / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 394, IT2015-79, pp. 173-177, 2016年1月.
資料番号 IT2015-79 
発行日 2016-01-11 (IT, SIP, RCS) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード IT2015-79 SIP2015-93 RCS2015-311

研究会情報
研究会 RCS IT SIP  
開催期間 2016-01-18 - 2016-01-19 
開催地(和) 関西学院大学(大阪梅田) 
開催地(英) Kwansei Gakuin Univ. Osaka Umeda Campus 
テーマ(和) 無線通信のための信号処理,学習,数理,情報理論および一般 
テーマ(英) Signal Processing for Wireless Communications, Learning, Mathematical Science, Communication Theory, etc. 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 IT 
会議コード 2016-01-RCS-IT-SIP 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) Group Shuffled BP復号法のLocal Girthを考慮したグループ分割手法の提案 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Group Shuffled BP decoding based on Local Girth 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) LDPC符号 / LDPC code  
キーワード(2)(和/英) BP復号法 / Belief Propagation Decoding  
キーワード(3)(和/英) GSBP復号法 / Group Shuffled Belief Propagation Decoding  
キーワード(4)(和/英) Local Girth / Local Girth  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 吉田 恭平 / Kyohei Yoshida / ヨシダ キョウヘイ
第1著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
the University of Electro-Communications (略称: UEC)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 森田 啓義 / Hiroyoshi Morita / モリタ ヒロヨシ
第2著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
the University of Electro-Communications (略称: UEC)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 眞田 亜紀子 / Akiko Manada / マナダ アキコ
第3著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
the University of Electro-Communications (略称: UEC)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 立川 隆一 / Ryuichi Tatsukawa / タツカワ リュウイチ
第4著者 所属(和/英) 電気通信大学 (略称: 電通大)
the University of Electro-Communications (略称: UEC)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-01-19 10:10:00 
発表時間 25 
申込先研究会 IT 
資料番号 IEICE-IT2015-79,IEICE-SIP2015-93,IEICE-RCS2015-311 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.394(IT), no.395(SIP), no.396(RCS) 
ページ範囲 pp.173-177 
ページ数 IEICE-5 
発行日 IEICE-IT-2016-01-11,IEICE-SIP-2016-01-11,IEICE-RCS-2016-01-11 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会