電子情報通信学会 研究会発表申込システム
講演論文 詳細
技報閲覧サービス
技報オンライン
‥‥ (ESS/通ソ/エレソ/ISS)
技報アーカイブ
‥‥ (エレソ/通ソ)
 トップに戻る 前のページに戻る   [Japanese] / [English] 

講演抄録/キーワード
講演名 2016-01-19 16:41
腹腔鏡手術止血支援システム構築に向けた出血領域実時間特定法の開発
岡本尚之大西 峻川平 洋羽石秀昭千葉大MI2015-106
抄録 (和) 腹腔鏡手術は, 術後疼痛が少なく早期の社会復帰が可能な一方, 視野の狭さや出血による視認性の低下から出血点の探索が困難となる. 我々は, 出血領域の強調表示, 出血フレームの提示の2点を新たな止血支援として提案する. 本研究は, 腹腔鏡手術において出血フレームを検出し提示する止血支援システムの構築を目的とする. 本稿では, 機械学習に基づく出血領域検出手法を提案する. 各画素のRGB, HSV値から3種の特徴量を抽出し, サポートベクターマシンによる出血画素, 非出血画素の分類をリアルタイムに実行した. 提案手法を腹腔鏡手術動画5例に適用した結果, 95%以上の検出精度, 処理時間5-10ms/frameを達成した. 
(英) Laparoscopic surgery can reduce the size of a surgical wound and lead to faster recovery. It is difficult, however, to find bleeding points because of lower visibility due to the bleeding and the narrow field of view in the laparoscope. We propose a method for hemostasis support in laparoscopic surgery using highlighting of blood regions and presenting bleeding frames in laparoscopic images. We aim to develop a hemostasis support system that can detect bleeding regions and present their laparoscopic image frames to surgeons. In this paper, we propose a bleeding detection method based on a machine learning technique. Three feature amounts are calculated from RGB value and HSV value at each pixel and the pixel is classified as either a bleeding pixel or a non-bleeding pixel by a support vector machine (SVM) in real time. When the proposed method was applied to the five laparoscopic motion pictures, more than 95% accuracy was achieved. Processing time was 5 - 10 ms/frame.
キーワード (和) 腹腔鏡手術 / 出血検出 / 機械学習 / Support vector machine / / / /  
(英) Laparoscopic surgery / Bleeding detection / Machine learning / Support vector machine / / / /  
文献情報 信学技報, vol. 115, no. 401, MI2015-106, pp. 157-160, 2016年1月.
資料番号 MI2015-106 
発行日 2016-01-12 (MI) 
ISSN Print edition: ISSN 0913-5685  Online edition: ISSN 2432-6380
著作権に
ついて
技術研究報告に掲載された論文の著作権は電子情報通信学会に帰属します.(許諾番号:10GA0019/12GB0052/13GB0056/17GB0034/18GB0034)
PDFダウンロード MI2015-106

研究会情報
研究会 MI  
開催期間 2016-01-19 - 2016-01-20 
開催地(和) 那覇市ぶんかテンブス館 
開催地(英) Bunka Tenbusu Kan 
テーマ(和) 医用画像一般 
テーマ(英) General topics in medical imaging 
講演論文情報の詳細
申込み研究会 MI 
会議コード 2016-01-MI 
本文の言語 日本語 
タイトル(和) 腹腔鏡手術止血支援システム構築に向けた出血領域実時間特定法の開発 
サブタイトル(和)  
タイトル(英) Real time detection of bleeding region for building a hemostasis support system in laparoscopic surgery 
サブタイトル(英)  
キーワード(1)(和/英) 腹腔鏡手術 / Laparoscopic surgery  
キーワード(2)(和/英) 出血検出 / Bleeding detection  
キーワード(3)(和/英) 機械学習 / Machine learning  
キーワード(4)(和/英) Support vector machine / Support vector machine  
キーワード(5)(和/英) /  
キーワード(6)(和/英) /  
キーワード(7)(和/英) /  
キーワード(8)(和/英) /  
第1著者 氏名(和/英/ヨミ) 岡本 尚之 / Takayuki Okamoto / オカモト タカユキ
第1著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第2著者 氏名(和/英/ヨミ) 大西 峻 / Takashi Ohnishi / オオニシ タカシ
第2著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第3著者 氏名(和/英/ヨミ) 川平 洋 / Hiroshi Kawahira / カワヒラ ヒロシ
第3著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第4著者 氏名(和/英/ヨミ) 羽石 秀昭 / Hideaki Haneishi / ハネイシ ヒデアキ
第4著者 所属(和/英) 千葉大学 (略称: 千葉大)
Chiba University (略称: Chiba Univ.)
第5著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第5著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第6著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第6著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第7著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第7著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第8著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第8著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第9著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第9著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第10著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第10著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第11著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第11著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第12著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第12著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第13著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第13著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第14著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第14著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第15著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第15著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第16著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第16著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第17著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第17著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第18著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第18著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第19著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第19著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
第20著者 氏名(和/英/ヨミ) / /
第20著者 所属(和/英) (略称: )
(略称: )
講演者
発表日時 2016-01-19 16:41:00 
発表時間 12 
申込先研究会 MI 
資料番号 IEICE-MI2015-106 
巻番号(vol) IEICE-115 
号番号(no) no.401 
ページ範囲 pp.157-160 
ページ数 IEICE-4 
発行日 IEICE-MI-2016-01-12 


[研究会発表申込システムのトップページに戻る]

[電子情報通信学会ホームページ]


IEICE / 電子情報通信学会